カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


JCB一般カードの付帯保険はこんなに凄い!その中身を徹底解説!

クレジットカードの性能を語る際、忘れてはならないのが「付帯保険」

会社によって保険の手厚さは全く違います。では日本で唯一の国際クレジットブランドとして確固たる地位を築いているJCBの保険はどんなものなんでしょうか?

今回はJCBが発行する中でも最もポピュラーな「JCB一般カード」の保険内容について余すところなく解説していきますね!

JCB一般カード

JCB一般カード
年会費 1,250円+税(初年度無料)

条件付きで2年目以降も無料

入会資格 18歳以上で継続収入のある方(高校生不可)
国際ブランド JCB
限度額 20万円~100万円
電子マネー QUICPay
スマホ決済 Apple Pay
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント還元率 0.50%~
ポイント名 Oki Doki(オーキードーキー)ポイント
ポイント有効期限 2年間
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル

JCB一般カードの付帯保険~旅行編~

まずは旅行保険をピックアップ!JCBカードのCMでも「旅行に強い」と謳っていますが、その保険内容とはどんなものなんでしょう。

JCB一般カードの保険は全て利用付帯&MyJチェックへの登録が必要

利用付帯

まず初めに、JCB一般カードの旅行保険は全て『利用付帯』です。

利用付帯とは、旅費をカードで払うことで初めて保険が付帯してくること。

今回の場合だと、JCB一般カードを旅行で使って初めて保険が適用されるということです!持っているだけでは保険がきかないので要注意!

MyJチェックへの登録

もう一つ、JCB一般カードで保険を適用させるには「MyJチェックへの登録」が必要になります。

このサービスは、カードの利用明細を郵送ではなくWEB上で確認できるオンラインサービスのこと。

このサービス自体は非常に便利なので登録して損はありません!無駄な登録料もかからないのでご安心を!

ちなみに毎月19日にMyJチェック登録の有無が確認され、解除が確認された場合には翌月9日の午後12時をもって被保険者となる期間が終了します。

海外旅行保険

利用付帯なので、JCB一般カードで事前に「搭乗する公共乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金を支払った場合に補償されます。

保険の種類 保険金額 保険金をお支払いする場合
傷害 死亡/後遺障害 最高3,000万円 旅行期間中の事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に死亡または後遺障害が生じた時
治療費用 1事故100万円限度 旅行期間中の事故によるケガが原因で医師の治療を受けたとき。事故の日から180日以内に要した費用
疾病 治療費用 1回の病気につき100万円限度 旅行期間中に発病または原因が発生し旅行期間中または旅行行程終了後72時間を経過するまでに(特定感染症の場合は30日を経過するまでに)医師の治療を受けた時
※最初の治療日から180日以内に要した費用
※特定の感染症とはコレラ、ペスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、回帰熱、黄熱、重症急性呼吸器症候群、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルク病、コクシジオイデス症、デング熱、顎口虫(がっこうちゅう)、ウエストナイル熱、リッサウイルス感染症、腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群、高病原性鳥インフルエンザ、ニパウイルス感染症、赤痢、ダニ媒介性脳炎、腸チフス、リフトバレー熱、レプトスピラ症
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度 旅行期間中に誤って他人をケガさせたり他人のものを壊したりして、被害者から法律上の損害賠償を請求された時
携行品損害 1旅行20万円/保険期間中100万円 旅行期間中に携行する身の回りの品(被保険者の所有するもの)が盗まれたり、事故により壊れたりした時
※自己負担額1回の事故につき3,000円
※携行品1つあたり10万円限度
救援者費用等 100万円限度 旅行期間中に以下に該当
1.ケガをして事故の日から180日以内に亡くなった時
2.病気により亡くなった時
3.病気にかかり医師の治療を受け、旅行行程終了後30日以内に亡くなった時
4.ケガまたは病気により継続して3日以上入院した時
5.搭乗している航空機、船舶等が行方不明または遭難した時
6.事故により生死が確認できない場合、緊急な捜索・救助活動が必要になった時(ただし被保険者の無事が確認できた後に現地に赴く救援者の費用は対象外)

補償対象期間は3ヵ月で、以下の2点を満たす間が補償対象となります。

  • 海外旅行の目的を持って、日本国内の住居を出発されてから住居に帰着するまでの間
  • 日本を出国した前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時まで

最も利用頻度が高い疾病・障害の治療費も最大100万円と手厚いです。

他会社の一般カードは高くても50万円なので、いかにJCB一般カードが旅行保険に力を入れているか分かるでしょう。

国内旅行保険

こちらも利用付帯なので、事前に国内航空機、船舶などの公共交通乗用具、宿泊、募集型企画旅行の料金を支払った場合に補償が適用されます。

死亡・後遺障害 最高3,000万円

国内旅行保険が適用される例を挙げると

  • 乗客として公共交通乗用具
  • 旅館、ホテル等の宿泊施設に宿泊者として滞在中の火災・爆発事故
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行に参加中

こんなところでしょうか。国内旅行でも最大3,000万円の手厚い保険が付帯するのは、とてもありがたいですね!

その他、覚えてほしい便利なJCB一般カードの付帯保険

旅行保険の強みについては理解してもらったはず!

しかしJCB一般カードの付帯保険は旅行だけが強みではないのです。この章では、安心の保険と充実のセキュリティシステムをご紹介!

海外旅行ではショッピング保険も付帯

カードで購入した品物の破損・盗難損害を補償する「ショッピングガード保険」が付いてきます。

JCB一般カードでの購入日から90日間、年間最高額100万円まで補償されるので大きい買い物の損害でも安心ですね!ちなみに1事故につき1万円の自己負担がかかります。

一部補償の対象外となる品物もあるのですが、その一覧は以下の通り。

  • 船舶、航空機、自動車、原付自動車、自転車、ハンググライダー、サーフボード、セーリングボード及びこれらの付属品
  • 義歯、義肢、コンタクトレンズ他これらに類するもの
  • 動物および植物
  • 現金、手形、小切手、その他有価証券、印紙、切手、乗車券等、旅行者用小切手、その他チケット
  • 稿本、設計書、図案、帳簿、その他これらに準ずるもの
  • 自動車、携帯電話、これらの付属品
  • 食料品
  • 会員が従事する職業上の商品となるもの

「こんなにあるの?」と思った人もいるかもしれませんが、どんなクレジットカードでも同じです。決してJCB一般カードに限った話ではありません!

充実のセキュリティ

JCB一般カードは、本人認証サービス「J/Secure(ジェイセキュア)」を使えます。

J/SecureとはJCB加盟店でインターネットショッピングをする際、通常の取引情報に加えてカード会社にあらかじめ登録したパスワードを入力して本人認証を行うサービスです。

つまり、第三者がパスワードを知らない限り不正利用がされないということ!

万が一不正利用がされても、JCBは24時間体制で不正監視を行っているので超安心!

流石は国内で唯一の国際クレジットブランドといったところでしょうか。

JCB一般カードの付帯保険だけで海外旅行は大丈夫?

JCB一般カードの海外旅行保険は、他の一般カードよりも充実していると断言できます。

ですが、これだけで旅行保険をまかなうのは危険です!

というのも海外は日本よりも高額の医療費がかかり、簡単な手術でもラクラクと200万円以上かかったりします。

JCB一般カードに限った話ではないですが、より旅行を安心して楽しみたいのなら、クレジットカードとは別途で旅行保険に加入しておくことをおススメします!

まとめ

クレジットカードに付帯保険があるのは当たり前となっています。重要なのは「どれだけ中身が優れたものなのか」ということ。

その点でJCB一般カードは自信を持って「保険が優れている」と断言できるクレジットカードです。

ちょっとでも手元に安心が欲しいならJCB一般カードを手に入れてみては?

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!