カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


楽天カードなら出光やENEOS(エネオス)のガソリンスタンドでポイントを使える!貯められる!

楽天カードなら出光やENEOS(エネオス)のガソリンスタンドでポイントを使える!貯められる!

年々高騰するガソリンの原油価格。

普段車での移動がメインの方なら、少しでもガソリン代を抑えたいところですよね。

そんなみなさんに今回は、ガソリン代の節約に役立つ楽天カードの使い方をご紹介したいと思います!

利用すればするほど月々のガソリン代がグンとお得になりますので、現在ガソリンスタンドで現金払いをされているみなさんは是非参考になさってみてくださいね。

※楽天カードをまだお持ちじゃない方は以下の公式サイトからお申込みください。

楽天カードの力が発揮されるガソリンスタンドはどこ?

楽天カード ガソリンスタンド

残念ながら、全国どこのガソリンスタンドでも楽天カードがお得に使えるというわけではありません。

(※ガソリン代のクレジットカード払いは可能ですが、ポイントは還元率1%です)

楽天カードをお得に使えるガソリンスタンドは主にENEOS(エネオス)と出光の2つ。

それではこの2つのガソリンスタンドで、楽天カードの力がどのように発揮されるのか解説したいと思います。

楽天カードで支払いをするならENEOS(エネオス)

楽天カード ENEOS エネオス

※現在、ENEOS(エネオス)以外にもエッソ・モービル・ゼネラルで楽天カードを利用すると、ポイントが2倍貯まります。ただし、ブランド統一につき、これらの店舗は2019年7月までに順次ENEOSに変わります。

前述の通り、全国ほとんどのガソリンスタンドで楽天カードを利用した場合は、ポイントが1%しか還元されません。

しかし、楽天スーパーポイントの加盟店であるENEOS(エネオス)で楽天カードを利用すると、通常100円→1ポイントの付与に加えて、各加盟店が定めるボーナスポイントをもらうことができます。

現在ENEOSで付与されるポイントは2倍、つまり100円利用で2ポイント貰えるというわけです。

楽天カードとENEOSカードSはENEOSで使う場合どっちがお得?

楽天カード ENEOSカード 比較

なお、ENEOSにはガソリン代がお得になったり、カーメンテナンス代が割引されたり、ENEOSユーザーには何かと便利なENEOSカードというものがあります。

ENEOSカードはC・P・Sの3パターンありますが、今回は年会費が実質無料のENEOSカード(S)と比較してみてみましょう。

カード 楽天カード

楽天カード

ENEOSカード(S)

ENEOSカード

年会費 永年無料 1,350円(※)
ENEOSで利用した場合のサービス内容 100円利用で2ポイント(2円)還元 1リットル2円引き
30











1ℓ99円

(ENEOSカードの方が1円お得)

99円×30ℓ=2,970円

2,970円×2%で59P(59円)還元

2850円-59円で2,911円

99円-2円割引で計算

97円×30ℓ=2,910円

1ℓ100円

(楽天カードもENEOSカードも同等)

100円×30ℓ=3,000円

3,000円×2%で60P(60円)還元

3000円-60円で2,940円

100円-2円割引で計算

98円×30ℓ=2,940円

1ℓ150円

(楽天カードの方が30円お得)

150円×30ℓ=4,500円

4,500円×2%で90P(90円)還元

4500円-90円で4,410円

150円-2円割引で計算

148円×30ℓ=4,440円

※ENEOSカードは初年度年会費無料、2年目以降は年一度の利用で年会費が無料となります。

ガソリン代の価格は、1ℓあたりの価格によってどちらがお得になるか変わります。

※今回は同じガソリン表示価格で比較していますが、ガソリンスタンドによって会員価格と呼ばれる楽天カードとENEOSカードの割引を各店独自で定めている場合があるので注意しましょう。

たった数円~数十円しか変わりませんが、それでも月々、年間で計算すると大きな差額が生じます。

今のご時世、なかなかガソリン代が1ℓ100円をきることはありませんから、楽天カードを持っていて損はないと思います。

楽天カードのポイントを利用するなら出光

楽天カード 出光興和

一方で、溜まった楽天スーパーポイントを利用するなら、出光を利用するのがおすすめです。

というのも、出光で楽天カードを利用した場合、1ポイント=1円としてガソリン料金に使える上に、ガソリン代を全額ポイントで支払っても、そのときの会計でまたポイントが付くからです。

例えば、135円/ℓで24ℓガソリンを給油したとしましょう。

その場合、135円×24ℓで3,240円、つまり全額ポイント払いですと3,240ポイントがお持ちのポイントから引かれることになります。

しかし出光の場合は2ℓの購入で1ポイント付与されるルールを設けてますから、24ℓ÷2で12ℓ=12ポイントが貰えちゃうんです♪

同じポイント払いにしても、やはり少しでもお得に支払いができる方が嬉しいですよね。

早速挑戦!各ガソリンスタンドの利用ガイド

それでは最後に、ENEOS・出光、それぞれで楽天カードを利用する際の流れを簡単にご案内いたします。

ENEOSの場合

ENEOSを利用する場合は前項でもご紹介したように、支払い時に楽天カードを利用するだけでOK。

毎月1日~末日までのご利用分が、翌月もしくは翌々月10日頃にご利用の日付で付与されます。

また、楽天カードのアプリを利用すると、チェックインやラッキーくじなどでさらにポイントが獲得できちゃいます!

出光の場合

出光で楽天カードを利用する際、サービスステーションの場合はそのまま店員さんにカードを提示すればOKです。

しかし、セルフスタンドの場合でしたら、

  1. 支払い方法でクレジットカードを選択
  2. クレジット機能付き提携ポイントカードで決済を選択
  3. レギュラー、ハイオクなどの油種を選んでから利用したいポイント数を入力

この3ステップでポイント払いを行うことができます。

もちろん最初に支払い方法でクレジットカードを選択しても、クレジットカードからの支払いにはなりませんのでご安心くださいね。

楽天カードなら3分で申し込めて即審査可能!

楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC付は540円)
2年目以降:0円
入会資格 18歳以上から
国際ブランド VISA・Master Card・JCB
利用限度額 審査で設定
付帯保険 海外旅行保険(利用付帯)
カード盗難保険
ネット不正あんしん制度
ポイント還元率 標準:1.0%
条件:3.0%
ポイント有効期限 12か月
利用可能電子マネー 楽天Edy・楽天ポイント
マイル還元率 ANA:0.5%
JAL:-

ガソリン代の支払い以外にも、様々なシーンでお得にショッピングをすることができる楽天カード。

高校生を除く18歳以上であれば誰でも申し込むことができ、審査もスピーディーです。

18歳となれば、車の免許を取得する方も多いと思いますから、クレジットカードデビューに是非楽天カードを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

楽天カードをガソリンスタンドでお得に利用する方法を知って貰えたでしょうか。ガソリンスタンドの中でもENEOSと出光は全国いたるところにあるので、利用者数も多いです。

だからこそせっかく楽天カードを持っているのに使っていなかったと後悔している人もいるのではず。

けど今からでも遅くはありませんよ。これからガソリンを入れにENEOSか出光によろうかという時は忘れずに楽天カードを利用しましょう。

そうすれば痛い出費だと毎回煩わしく思っていたガソリン代も、ポイント獲得チャンス!と前向きに考えられるようになるかもしれませんよ。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!