カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


三井住友VISAクラシックカードの作り方は?申し込み方と必要なものを教えます

日本だけでなく海外でも使えると人気の三井住友VISAクラシックカード。

ただクレジットカードを作ったことのない方や、申し込み方がわからず不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方でも三井住友VISAクラシックカードを作れるように、わかりやすく作り方をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

三井住友VISAクラシックカードとは?

ご存知の方も多い三井住友VISAクラシックカードですが、どんなカードなのかよくわからない方もいると思います。

そこで三井住友VISAクラシックカードについて、まとめてみたので早速見ていきましょう。

三井住友VISAカード 三井住友VISAカード
年会費 初年度:0万円(ETC:540円)

2年目以降:1,350円

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 10~80万円
付帯保険 海外保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.454%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-ポイントUPモール)

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー iD・PiTaPa・WAON・iD(携帯)・Visa・payWave
マイル還元率 ANA:100ポイント=300マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

三井住友VISAクラシックカードは、18歳以上(高校生を除く)なら審査次第で誰でも使えるクレジットカードです。

またVISAカードなら世界中のお店と提携を結んでいるので、日本だけでなく海外でも利用できると人気があります。

そんな三井住友VISAクラシックカードの魅力について、さらにお話したいと思います。

年会費が実質無料になる

三井住友VISAクラシックカードは、ネットで入会すると初年度の年会費は無料なのですが、翌年度以降は1,250円+税がかかってしまいます。

しかし2つの条件をクリアすると、翌年度以降も年会費が0円になるんですよ!

その条件が

  • マイ・ペイすリボに登録する
  • カードを年に1回以上利用する

というものです。

マイ・ペイすリボとは、毎月の返済額を自分で決めることができるサービスで、使いすぎてしまった時でも安心!

いつでも一定の返済額なので「今月の支払額が高すぎる・・・」なんてこともありませんよ。

もう1つの条件は、お店だけでなくネットでお買い物でも大丈夫なので、簡単に達成できますよね!

ポイントが貯まりやすく使い道が豊富

ポイント還元率は1,000円で1ポイントと他のクレジットカードと、あまり変わらない三井住友VISAカードですが、還元率をアップさせる方法があるんです!

『ポイントUPモール』と『ココイコ!』というサイトを利用すると、還元率が2~20倍まで増やすことができます。

そしてポイントが貯まると、マイルやギフト券、好きな景品と交換できるなど使い道が豊富なので、2つのサイトをうまく活用して貯めてみてくださいね!

海外で役立つ旅行損害保険

三井住友VISAクラシックカードは、特に海外旅行に行く方におすすめのクレジットカードです。

海外旅行中にケガや病気で病院に行っても、日本の保険証は使えないので高額な医療費を払わなければいけません。

でも旅行損害保険がついている三井住友VISAクラシックカードなら、最大50万円まで補償してくれるので安心ですよ!

ただ飛行機代などの旅行費用をクレジットカードで支払いすることが、このサービスの条件なので覚えておきましょう。

三井住友VISAクラシックカードを作るために必要なもの

それでは本題の三井住友VISAクラシックカードの作り方についてお話しようと思います。

まずは申し込みの際に必要なものを紹介するので、確認していきましょう。

運転免許証などの本人確認書類

1つ目は、クレジットカードを申し込む方が本人か確認するための書類です。

一般的に『運転免許証』または『運転経歴証明書』のコピーで良いと言われていますが、運転免許証を持っていない方は以下のいずれかのコピーを用意してくださいね。

  • パスポート⇒写真印刷面、住所記載面
  • 健康保険証⇒お申込者の氏名、生年月日、住所(カードタイプは両面)
  • 住民票の写し⇒発行してから6か月以内のもの、原本でも可

運転免許証や運転経歴書を持っている方は、必ずそのどちらかを提出するようにしましょう。

ちなみに未成年の場合は保護者の同意書と印鑑が必要になります。

利用代金の引き落とし口座

2つ目は引き落とし口座です。

クレジットカードの利用代金を引き落とすための銀行口座か郵便貯金口座を用意しておきましょう。

一部のネット専業銀行口座は使えない場合もあるので、自分の口座は使えるのかあらかじめ確認しておいてくださいね!

三井住友VISAクラシックカードの申し込み方法

クレジットカードを作るときの必要なものを見ていただいたので、いよいよ作り方をご紹介したいと思います。

クレジットカードには2種類の申し込み方法があるので、それぞれの手順を詳しく説明していきます。

申し込んでみようと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

インターネットからの申し込み【おすすめ】

まずはインターネットからの申し込み方法をご紹介します。

上記のボタンから公式サイトへ移動すると申し込みができますよ!

  1. 規約を確認する

クレジットカードを作るときは必ず会員規約などに目を通しましょう。

確認が終わったら、下記のボタンから次のページに進んでください。

  1. 本人情報を入力する

氏名、性別、生年月日、住所などご本人の情報を入力していきます。

ここで引き落とし口座の情報も入力します。

  1. 職業(学校)の情報を入力する

ご本人の勤務先(学校)の住所や電話番号、入社年月などを詳しく入力しましょう。

審査を通すために嘘の入力は絶対にしないでくださいね。

  1. 入力内容の確認

上記で入力した内容に誤りがないか、しっかり確認してください。

  1. 申込番号の案内

申し込みが完了すると『お申込み番号』が表示されます。

審査の状況を確認するときに必要になるので、必ず控えておきましょう。

  1. 引き落とし口座の設定

2で登録した金融機関のウェブサイトから、口座振替の設定を行ってください。

  1. クレジットカードの発行

審査が通るとクレジットカードが簡易書留で送られてきます。

上記がインターネットでの申し込み方法です。

インターネットなら記入漏れの心配もありませんし、インターネット限定のキャンペーンや初年度年会費無料などの特典があるのでおすすめですよ!

さらに10分で申し込みが完了するので、忙しい方でも簡単に申し込めるところも嬉しいポイントではないでしょうか。

インターネットと郵送での申し込み

次はインターネットと郵送で申し込む場合の手順をご紹介します。

  1. 入会の申し込み

インターネットで『規約の確認』『本人情報、口座、勤務先(学校)』を入力して申し込みます。

  1. 必要書類が届く

申し込んだ際に入力した情報が記載された書類が届きます。

  1. 書類に記入、返送

書類に必要事項を記入して、署名、捺印をしたら返送してください。

  1. 入会審査後、クレジットカードの発行

返送後に入会審査が行われ、結果がメールで送られてきます。

審査に通ると簡易書留で、クレジットカードが送られてきます。

先ほどのインターネットからの申し込みに比べたら少し手間がかかりますが、未成年の方などはこちらの方法でしか申し込めないので注意してくださいね!

まとめ

三井住友VISAクラシックカードの作り方についてお話しましたが、特に難しい手続きもないので誰でも簡単に申し込めます。

しかもインターネットでの申し込みなら、嬉しいキャンペーンがあったり初年度の年会費が無料になったりとてもお得ですよね!

初めてクレジットカードを作る方も、すでに他のクレジットカードをお持ちの方でも、嬉しいサービスがいっぱいの三井住友VISAクラシックカードを作ってみてはいかがでしょうか?

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!