クレジットカードのセキュリティコードとはいったい何?どの場面で利用するの?

クレジットカードの利点として、ネット通販等の支払いもスムーズにできるという点があります。

しかし、いざネット通販でクレジットカード払いをしてみようとすると、「セキュリティコード」という見慣れない文字に遭遇することに。

実はこのセキュリティコード、ネットの中でしか利用することがないので、クレジットカードを普段使いしているという人でも、知らない人って結構いるんです。

そこで今回は、セキュリティコードについてご紹介ししていきますので、セキュリティコードを入力する場面に出くわしても、スムーズに対応できるようにしちゃいましょう!

セキュリティコードについて詳しくお伝えします!

クレジットカードのセキュリティコードって、どうして必要なのか知っている人は少ないはず。

ここではセキュリティコードの場所はどこなのかの他にも、セキュリティコードの必要性についてもお話していきます。

セキュリティコードはカードに書かれている3~4桁の数字

クレジットカードには

  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

の3つが書かれているので、クレジットカードがあればセキュリティコードは簡単に知ることが可能です。

では、そのセキュリティコードはどこに書いているのかというと、カード裏面の署名した近くに『3桁』の数字があるのですが、それがセキュリティコードです。

しかし、アメリカン・エキスプレスのカードを使っている人は注意!

実はアメリカン・エキスプレスだけ、カード裏面の署名した近くにセキュリティコードが書かれておらず、表面のカード番号の右上あたりの4桁の数字がセキュリティコードとなっています。

セキュリティコードが書かれていない!?

クレジットカードの発行年月日や種類によって、セキュリティコードが書かれていないという事があります。

その時はカード会社に連絡して、「セキュリティコードが書かれていない」という事を伝えましょう。

そうすると、ほとんどのカード会社はセキュリティコードが書かれたカードを発行してくれますよ。

また、長年使っているクレジットカードの場合もセキュリティコードが擦り切れて読めないことも。

その場合にも、カード会社にクレジットカードの再発行を頼めば問題解決です!

ネットでクレジットカードを利用する時に必須不可欠!

ネット通販等でクレジットカード払いにする時は、セキュリティコードの入力が必要不可欠となっています。

しかし、どうしてセキュリティコードの入力が必要なのかを知っていますか?

その理由とはズバリ、”不正利用を防ぐため”なんですよ。

セキュリティコードはクレジットカードに書かれているコードなので、第三者がセキュリティコードを入力するには、あなたのクレジットカードが無いとできません。

そのため、クレジットカード所有者のあなたならセキュリティコードを容易に入力できますが、悪用しようとしている人は簡単に入力することができないので、カードの不正利用を防ぐためにセキュリティコードは必要となっているんです。

セキュリティコードには注意したい点があった!?

セキュリティコードの入力を間違えるとどうなるのか、知っていますか?

ここではセキュリティコードの注意点をご紹介していくので、一緒に確認していきましょう!

セキュリティコードを間違えまくるとカードがロックされる

セキュリティコードを間違えて入力すると、クレジットカードが不正に利用されていると判断され、カード会社からクレジットカードの利用停止を食らいます。

ただし、それはセキュリティコードの入力を何回も間違えた場合の話で、1回入力ミスをしたくらいではロックはかかりませんので安心してください。

また、ロックされたクレジットカードはカード会社に連絡をすることで、ロックを解除することができます。

その時には、電話で対応すればOKなところから、クレジットカードの再発行をしないといけないカード会社もあるので、すぐにクレジットカードのロックが解除されるわけではないという事に注意してください。

フィッシング詐欺には気をつけよう

フィッシング詐欺は、あなたのクレジットカードの情報を盗む取る犯罪です。

フィッシング詐欺の手口としては、

  • 銀行や通販サイトと偽りあなたにメールを送信する
  • メールに貼ってあるリンク(どこかのサイトのURL)からクレジットカードの情報を入力する画面へと画面が変わる
  • そのリンクにクレジットカードの情報を入力することでカード番号やセキュリティコードがバレてしまう

といった方法となっています。

クレジットカードの情報を入力させようとするメールは、ほぼ確実にフィッシング詐欺ですので、そういうメールを受信した際には無視をしてくださいね。

セキュリティコードの呼称はブランドによって違う!

セキュリティコードと言っても、実はカードのブランドによって呼称が違います。

JCBとダイナースカードは呼称がないので、セキュリティコードと言えば問題ないのですが、

  • VISAカード・・・CVV2
  • MasterCard・・・CVC2
  • アメリカン・エクスプレス・・・CID

の3つのブランドはそれぞれ別な呼称があるので注意が必要です。

しかし、日本の通販サイトで「CVV2を入力してください」なんて書くサイトは見たことがないので、別な呼称もあるんだと頭の片隅に覚えておけば問題ありませんよ。

セキュリティコードを変更したい場合はどうしたらいい?

クレジットカードのセキュリティコードを変更したい、そんな時はどうしたらよいのでしょうか。

そこでここでは、クレジットカードの変更方法をお伝えしていきます!

自分の事情では変更することはできません

クレジットカードのセキュリティコードですが、実はそう簡単に変更することは出来ません。

そのため、

  • セキュリティコードが気に食わない
  • 覚えにくいから変更して欲しい

など、自分の事情でセキュリティコードを変更することはできなくなっています。

しかし、自分の事情ではセキュリティコードを変更できませんが、ある時期が来るとセキュリティコードを変える事ができ、それはカードの更新タイミングです。

クレジットカードが更新されるとセキュリティコードは変更される

クレジットカードには有効期限があり、期限が切れたクレジットカードは利用することができなくなっています。

そのため有効期限が近付くと、カード会社から有効期限が更新された新しいクレジットカードが発行されるのですが、なんとその時にセキュリティコードが変更されているんです。

そのため、クレジットカードが更新されることによって、セキュリティコードを変えることができますよ。

クレジットカードの再発行でセキュリティコードは変わります

セキュリティコードはクレジットカードが更新される時に変更になりますが、実はもう1つセキュリティコードが変える方法があり、それはクレジットカードの再発行となっています。

ただし、カードを再発行すれば必ずセキュリティコードが変わるというわけではありません。

例えば、クレジットカードを折り曲げた・破損して使えなくなったなどの理由でカードの再発行をしても、セキュリティコードは同じ数字になってしまいます。

セキュリティコードが変更されるには、紛失や盗難など、クレジットカードが悪用される可能性が有る場合にのみ、カードの再発行でセキュリティコードを変更することが可能ですよ。

まとめ

クレジットカードのセキュリティコードは、カードの表面や裏面に書かれている3~4桁の数字となっています。

そのセキュリティコード、ネット通販等でクレジットカードの”不正利用”を防ぐために必要なコードとなっているので、セキュリティコードがわからないうちはいつまで経ってもカードで支払いをすることができません。

また、クレジットカードの発行年月日や種類によっては、セキュリティコードが書かれていない場合も。

その時はカード会社に連絡して、「セキュリティコードが書かれていない」事を伝えれば、セキュリティコードが書かれた新しいクレジットカードを発行してくれますよ。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!