楽天カードを遅延するとどうなる?支払い遅延した時に起こる事と対処法まとめ

楽天カードを遅延するとどうなる?支払い遅延した時に起こる事と対処法まとめ

普段の買い物で一括払いをしている方、引き落とし日の直前になってからカードの使いすぎに気付いて、支払いが遅れかけた…なんて経験はありませんか?

支払い日ギリギリで口座の残高が足りていないと、なんだか無性に焦ってしまいますよね。

でも実際にカードの支払いが間に合わず遅れてしまったとしたら、どんな事が起こってしまうのか知っておきたい方も多いでしょう。

今回はそんな万が一に備えるべく、楽天カードの支払いを遅延してしまった場合の原因と対処法を詳しく解説していきたいと思います。

楽天カードって?

まずは本題に入らせていただく前に、今回のキーパーソンならぬキーカードである、「楽天カード」について簡単におさらいしていきましょう。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

楽天カードの基本情報はこちらのようになっています。

クレジットカード選びの基準となる、年会費や入会資格などの項目に関しては文句なしですね!

ではここからは、楽天カードのさらなる魅力について詳しくお伝えさせていただきたいと思います。

ポイントが貯まりやすい!

皆さんは楽天カードと言えばどんな特徴を思い浮かべますか?

恐らく、多くの方が「ポイントの貯まりやすさ」を第一に挙げるのではないかと思います。

それくらい楽天カードはポイントが貯まりやすいことで有名ですよね!

特に楽天市場で買い物をした場合のポイント還元率はおよそ4%、つまり100円利用ごとに4ポイント貯められるサービスには、出血大サービスレベルのお得さが詰まっていることでしょう。

またもちろん楽天カードであれば楽天市場の利用時以外でも、カードが使えるお店全てでポイントが貯められる画期的なシステムが備わっています。

クレジットカードを活用してお得感を感じたい方にはピッタリの性能といえるんじゃないでしょうか?

充実の国際ブランド

クレジットカードを選ぶ上で意外と重要な要素となる国際ブランド。

やっとの思いで自分好みのカードを見つけたのに、国際ブランドが気に入らなかったらもったいないですよね!

でも楽天カードであれば国際ブランドの中でも使い勝手の良いVISA、JCB、MasterCardの3種類の国際ブランドから選択ができるから、不自由を感じる事はありません。

また国際ブランドごとに機能性が変わったり、メリットが変わったりと面白い面もあるので、より自分にあったクレジットカードを手に入れることができるのです。

自分好みのデザインが選べる!

楽天カードと言えば銀色のシンプルな券面を想像することが多いかと思いますが、実は選択する国際ブランドをJCBまたはMasterCardにすると、通常デザイン以外の限定デザインが選択可能になります。

そのため、「楽天カードの性能はいいけどデザインがちょっと…」なんて方でも妥協する必要がないんです!

また限定デザインの中でも、CMで見かけることも多くなった「お買い物パンダ」のデザインは可愛い物好きの心を鷲掴みにするほどの可愛さで超おススメ。

カードの性能と見た目、どちらも重視したいなら楽天カードが最適と言っても過言ではなさそうですね。

楽天カードの支払いを遅延するとどうなる?

では楽天カードについて十分な知識が付いたところで、ここからはいよいよ楽天カードの支払いを遅延させてしまった場合に起こりうる事柄をご紹介させていただきます。

ついうっかり遅延してしまうと、一体どんな事が起こってしまうのでしょうか?

利用停止から起こる負の連鎖

もし万が一楽天カードの支払いを遅延してしまった場合は、主に以下のような事が起こる可能性があります。

  • 楽天カードの利用停止からの強制解約。
  • 支払いの催促通知が来る。
  • 遅延期間が長くなればなるほど信用情報が傷つく。
  • 遅延損害金が請求される。

自身のうっかりでこれだけ甚大な被害が出るとは、恐るべし遅延…。

とは言っても遅延というのはそもそも1週間以上支払いをしない事なので、うっかり程度でここまでの被害を受けることはまず無いでしょう。

それよりも一番危険なのは自分の収入以上の金額を利用して、本当の意味でカードの支払いができなくなるパターンです。

そうなってくるといつの間にか遅延損害金もだんだんと増えてきますし、知らぬ間に借金地獄なんてことにもなりかねません。

楽天カードはたくさんポイントが貯められてお得感が高いのでついつい使いすぎてしまうことも多いかと思いますが、どんなクレジットカードでも節度を持って利用することが大事だということですね。

長期間遅延すると延滞になる

カードの遅延は支払期限から1週間程度経過することですが、それが2ヶ月から3ヶ月程度にまで及ぶと遅延ではなく「延滞」扱いになります。

さらに言えばブラックリストの仲間入りということですね。

もうこうなってしまっては5年から10年の間新たなクレジットカードは作れませんし、その他のローンも組むことができなくなってしまいます。

ですからもしやむを得ず支払い遅延してしまった場合でも、1ヶ月以上遅らせるのだけは何としてでも防ぐよう努めましょう。

楽天カードを遅延してしまった際の対処法

クレジットカードの遅延、本当に怖いですね。

でももし何らかの理由で遅延状態になってしまったとしたら、落ち込む前にしかるべき対処をする必要があります。

早め早めの対処をすることで自信の信用情報を守れる確率も上がってきますから、ここはバシッと、正しい対処法について学んでおきましょう!

まずはカード会社に連絡

楽天カードの遅延をしてしまったら、すぐに支払いできる場合もできない場合も、まずはカード会社に連絡をすることが大切です。

と言うのも楽天カードを支払い遅延してしまうと翌日からすぐに遅延損害金が加算されていくからで、日数が経つごとに損する金額が大きくなってくるため。

うっかりで遅延してしまった場合でも無駄な出費が増えるのは誰だって嫌でしょうし、所持金が足りない場合は損害金まで請求されてさらなるピンチに陥ってしまいます。

ですからどんな理由であろうと遅延してしまったら即電話するのがおススメ!

遅延の理由と、すぐに支払える場合は日付などを伝えると良いでしょう。

また支払えない場合でも、相談すると一時的に減額してもらえたりする場合もあるようなので、そうなってしまっても諦めないでくださいね。

直前に支払い方法を変更する!

「もうすぐクレジットカードの引き落とし日だとわかっているけど、今から払える気がしない…」という場合は、支払い日が来る前に思い切って支払い方法を変更してしまいましょう!

これは遅延した場合とはちょっと違うパターンですが、払えないのが明白なのであれば一括払いから分割払いにするなどして、月々の支払金額を抑えることができます。

遅延する前にこういった対処ができると、起こりうる様々なトラブルの予防にもなりますよね。

まとめ

今回は楽天カードを遅延した場合で調査してみましたが、楽天カードに限らずどのクレジットカードでも遅延してしまえば大きな損になります。

また万が一遅延から延滞状態になってしまうと、長い間カードが持てなくなったりローンが組めなくなったりすることだってあるのです。

そのためいつもギリギリで入金できているからオッケー!ではなく、引き落とし日前には余裕をもってカードの管理をする必要があるでしょう。

ただそうは言っても楽天カードは遅延さえしなければかなりコスパの良い優秀なカードですから、これからカードを持ちたいと考えているのであれば是非一枚、作ってみることをお勧めしますよ!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!