カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


JCBブランドを選ぶメリットとは?カードの特徴とおすすめの1枚ご紹介

JCBと言えば、誰もが聞いたことのあるクレジットカードブランド。

では、数あるクレジットカードブランドの中からJCBブランドを選ぶメリットとはいったい何なのでしょうか。

「JCBが良いってよく聞くけど、具体的に何がそんなにいいの?」と、疑問を抱いている方もいることでしょう。

そこで今回は、JCBブランドの魅力についてまとめてみました。

どこのクレジットカードを持つか迷っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

JCBブランドの基本情報

まずはJCBブランドの基本情報を確認しておきましょう。

日本で唯一の国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドといえば、

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover
  • 銀聯(ぎんれん)

の全部で7種類。

JCBは、この中で唯一日本で生まれた国際ブランドです。

国内シェア率No.1!

JCBは国内シェア率No.1を誇るクレジットカード。

日本国内で利用可能な店舗がもっとも多いとされ、長年愛されています。

一方で、海外での利用に関しては少々弱いとも言われていましたが、現在では世界23の国と地域、約11,000万人の人々に利用いただくほどの会員数となり、規模を拡大しています。

トラベル&エンターテイメントカード

JCBはただの決済カードではなく、トラベル&エンターテイメントカードとして嬉しいサービスを提供しています。

たとえば、

  • レストランやショップのお得商法を検索できる「たびらば」、旅行中のトラブルに無料で対応してくれる「JCBプラザコールセンター」などの旅行サービス
  • コンサートやスポーツのチケット情報の閲覧・申し込み、JCB会員限定の先行受付サービスや割引チケットを購入できるエンターテイメントサービス

など、わたしたちの暮らしを豊かにしてくれる嬉しいサービスが充実しているんです。

JCBブランドを選ぶメリットとは?

では今回の本題「JCBブランドを選ぶメリット」とはいったい何なのでしょうか。

見ていきましょう。

プロパーカードを持つことができる

まず1つ目のメリットは、プロパーカードが持てることです。

クレジットカードには、

  • 国際ブランドが独自に発行しているプロパーカード
  • 国際ブランドが他社と提携して発行している提携カード

の2種類があり、JCBにはこのプロパーカードが存在しています。

提携カードに比べると審査が厳しくなるとも言われるプロパーカードですが、JCBのプロパーカードのサービスの幅広さには定評があるので、ぜひともプロパーカードを持つことをおすすめします。

ちなみにVISAやMasterCardにはプロパーカードが存在せず、提携カードのみとなっています。

ディズニー関連のサービスが充実している

2つ目のメリットは、ディズニー関連のサービスが充実していることです。

JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーなので、ディズニー好きには嬉しいサービスを受けることができるんです。

これはほかの国際ブランドにはないサービスなので、JCBを選ぶ最大のメリットと言えるでしょう。

海外旅行のサポートをしてくれる

3つ目のメリットは、旅行のサポートをしてくれることです。

例えば海外旅行に行く際、1番不安なのは現地での予期せぬトラブルですよね。

現地の言葉がわからずにあたふた…なんて状態は避けたい。

そんなときに便利なのが「JCBデスク」です。

JCBデスクは、けがや病気などの予期せぬトラブル時に現地の病院やお医者様を日本語で案内してくれます。

また、JCBデスクに直接来店して相談するだけでなく、「JCBプラザコールセンター」への電話相談でも日本語対応してもらえます。

海外旅行に行く際は「JCBデスク」または「JCBプラザコールセンター」の存在があるというだけでも安心ですよね。

JCBでカードを作るなら「JCB一般カード」がおすすめ

JCBを選ぶメリットがわかったところで、今度はおすすめのJCBカードについて紹介していきます。

JCBカードを持つのであれば、JCBのプロパーカードの中でも最もスタンダードな「JCB一般カード」をおすすめします!

JCB一般カード
年会費 初年度:0円
2年目以降1,250円+税
入会資格 18歳以上で継続収入がある方(高校生不可)
国際ブランド JCB
利用限度額 20~100万円
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件:2.50%
ポイント有効期限 24か月
利用可能電子マネー QUICPay
マイル還元率 ANAマイル:0.30%
JALマイル:0.30%
スカイマイル:0.30%

初年度の年会費0円!

JCB一般カードは、オンラインからの入会で初年度の年会費0円でカードを利用することができます。

さらに、下記2つの条件を満たすと、2年目以降の年会費も0円にすることができちゃうんです。その条件は、

  1. 「MyJチェック」への登録をしていること
  2. 年間利用合計金額が50万円(税込)以上であること

になります。

カードを上手に利用すれば、永年年会費無料も夢ではなさそうです。

お得なポイントサービスが受けられる

JCB一般カードは、お得なポイントサービスを受けられるのも魅力のひとつです。

通常1,000円につき1ポイント貯まるポイントプログラムになっていますが、下記のような条件でカードを利用すると、通常時の2倍~最大20倍のポイントをGETすることができちゃうんです。

その条件とは、

  • JCBのポイント優待サイト「OkiDokiランド」経由でネットショッピングすること
  • 全国にあるJCBポイント優待店「JCBオリジナルパートナーズ店」を使うこと

です。

「OkiDokiランド」には、楽天やYahoo!ショッピング、amazonなどの有名通販サイトをはじめとする約400の人気ショップが参加。

「JCBオリジナルパートナーズ店」には、スターバックスやセブンイレブン、ビッグカメラなどがあります。

貯まったポイントはギフトカードへの交換やANA、JAL、スカイマイルへの移行、他社ポイントへの移行などさまざまな用途に使うことができます。

充実した付帯保険

JCB一般カードは、付帯保険も充実した内容になっています。

それぞれの保険の種類と金額を下記表にまとめましたので、ご覧ください。

海外旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 1旅行中20万円

(保険期間中100万円)

救援者費用等 100万円

国内旅行傷害保険

傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円

ショッピングガード保険

海外 100万円
国内

国内・海外ともに旅行保険の最高補償額は3,000万円、ショッピング保険は最高100万円という手厚い補償となっています。

まとめ

JCBブランドのカードを持つメリットは「プロパーカードを持つことができる」「ディズニー関連のサービスが充実している」「海外旅行のサポートをしてくれる」の3つをご紹介しました。

そしてJCBのプロパーカードであるJCB一般カードを持つことでさらに「年会費無料」や「お得なポイントサービス」「充実した付帯保険」を受けることもできちゃいます。

嬉しい特典だらけのJCBカード!

これからカードを作ろうとお考えの方は、ぜひJCBカードの発行をおすすめします。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!