楽天カードの種類はどれがいい?カードの種類別の違いとおすすめ紹介

楽天カードの種類はどれがいい?カードの種類別の違いとおすすめ紹介

今やクレジットカード界でもトップクラスの人気を誇る楽天カード。

でも実際申し込もうと思って色々調べてみると、色んな種類の楽天カードが出てきてどれを選ぶべきか迷ってしまうことも多いですよね。

今回はそんな種類豊富な楽天カードは一体、どれを選ぶのが正解なのかということについてお話していきたいと思います!

「自分ではなかなか決められない!」と言う方は是非、参考にしてみてくださいね。

 楽天カードとは?

それでは早速、皆さん知っているであろうスタンダードな楽天カードの性能から見ていきましょう!

基本情報については以下の表に簡単にまとめてみましたので、まずはこちらからご覧ください。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

ざっと表を見ただけでも、これでもか!というくらい魅力が詰まっているのがわかりますね。

これが標準形とは楽天カード、やはりなかなかのやり手です。

ただ上記の内容を見ただけではイマイチよくわからないという点もあるかと思いますので、ここからは楽天カードの魅力をいくつかピックアップし、さらに詳しくお伝えしていきたいと思います。

年会費永年無料なのに入会特典付き

クレジットカード界の大物と言えば、年会費のかかるゴールドカードなんかを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

でも楽天カードはそれらのクレカを差し置いて顧客満足度ナンバーワンの座を維持し続けているのにも関わらず、年会費永年無料という太っ腹ぶり!

しかもそれでいて楽天カードはカードを作ると5,000ポイントの入会特典が貰えるキャンペーンを頻繁に開催しているため、カードを作るだけでもかなり得しちゃいます。

ですから正直、入会特典目的で作ってあとはカードを放置している方もいらっしゃいますし、無料で持てるから損することはないんですよね。

カードを使っても使わなくても自分の好きなようにしておけるというのが、年会費永年無料の良いところだと思います!

ポイントらくらく貯まる!

年会費無料で入会特典付きなだけで既にお得すぎる楽天カードですが、もちろん楽天カードの快進撃はそれだけに留まりません。

と言うのもこの楽天カード、カードを利用した際に貯まる「ポイント」の貯まり具合が半端じゃないんです!

まず一般的な国内のカード加盟店、つまり楽天カードが使えるお店でカード払いをした場合に貯まるポイントは1%、つまり100円あたり1円分のポイントが付与されることになります。

…と言うと100分の1しか返ってこないなんて微々たるものだな、なんて思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし塵も積もればいつかは山になりますし、カードを無料で持てるのにカードを使った分が一部でも返ってくるのは確実な「得」だと言えるはず。

さらに言えば他の年会費無料カードのポイント還元率は大抵、楽天カードの半分程度しかありませんから、それだけでも既に優位性はあるかと思います。

また、楽天カードのポイントと言えば見逃せないのが楽天市場でのお買い物。

これはちょっと使いどころが限られるところではありますが、通常の還元率が1%なのに対し楽天市場であれば4%まで上昇するため、カードの使いようによってはかなりお得になりますよ!

安心の海外旅行保険付き

最後にご紹介させていただくのは、楽天カードの海外旅行傷害保険についてです。

こちらは意外と注目されることが少ない要素ではありますが、楽天カードは年会費無料でありながら海外旅行保険の補償額が最高2,000万円という強者!

それに何より、旅費やツアー代金をカードで支払うだけでついでに保険加入ができる手軽さと、コストがかからないお得感が良いですよね。

海外へ行くことの多い方なら、かなり有効活用できるんじゃないでしょうか。

楽天カードの種類って?

標準形の楽天カード、ビックリするほどお得感に溢れていましたね。

ではここからはいよいよ、楽天カードから派生したカード達をご紹介していきたいと思います。

果たして楽天カードの種類にはどんなものがあり、何種類ほどのカードが存在するのでしょうか?

楽天カードの種類一覧

楽天カードには、主に以下のような種類のカードがあります。

  • 楽天PINKカード
  • 楽天カードアカデミー
  • 楽天ビジネスカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天ブラックカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style
  • 楽天銀行カード

楽天カードと言えばほとんどの方が銀色の券面を思い浮かべるかと思いますが、ここまで種類が豊富だったのは驚きですね。

これにスタンダードの楽天カードを含めれば、計10種類のカードが存在することになります。

ただ種類ということはそれだけ個性も異なるということですから、より自分にあったカード選びができるという大きいメリットがあると言えるでしょう。

クレジットカード以外もある

先ほどご紹介したカード達は全てクレジットカード機能付きのものですが、楽天はその他にも以下のようなカードを発行しています。

  • 楽天ポイントカード
  • 楽天銀行デビットカード
  • 楽天銀行プリペイドカード
  • 楽天銀行キャッシュカード など…

これらは全てクレジットカードとしての機能がないものですが、やはり何にしても種類が豊富なのが伺えますね。

楽天カードのおすすめはどれ?

楽天カードの種類について知っていただけましたので、最後は一番の疑問である「どれが良いのか」ということを解明していきたいと思います。

様々な種類のある楽天カードですが、その中でも最もおすすめできるカードは果たしてどれなのでしょうか!

種類別の特徴まとめ

それでは早速、先ほどご紹介させていただいたカード達を比較していきます。

今回は年会費やポイントの貯めやすさ、そして簡単な特徴を表にまとめてみましたので、まずはこちらを見比べていきましょう。

  年会費 獲得ポイント

(楽天市場利用時)

その他特徴
楽天カード

0円

4倍

楽天PINKカード

0円

4倍

カスタマイズできる女性向けサービス付き。
楽天カードアカデミー

0円

4倍

学生専用で学生向けのサービスが充実している。
楽天ビジネスカード

2,160円

4倍

個人事業主や法人、会社オーナー向けのカード。
楽天プレミアムカード

10,800円

5倍

国内外の空港ラウンジが利用できる、海外へ行く方向けのステータスカード。
楽天ゴールドカード

2,160円

5倍

国内の空港ラウンジが無料のステータスカード。
楽天ブラックカード ×

32,400円

◎!

6倍

招待制の高ランクカード。
楽天ANAマイレージクラブカード

540円

(年1回の利用で無料)

4倍

(楽天スーパーポイントコース選択時)

ANAマイレージクラブ機能が搭載しているため、効率的にマイルを貯めることが可能。
楽天銀行カード

0円

4倍

クレジットカードとキャッシュカードの機能が一体となったカード。
ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style

0円

ヴィッセルサポーター向けのサービスが豊富なカード。

こうして見るだけでも、それぞれのカードの特徴がかなり異なることがわかりますね。

「楽天カードの種類が多すぎてわからない~」なんて思っていた方も、こちらを参考にすれば自身にあったカードがなんとなくわかってくるのではないでしょうか!

おすすめは楽天カード

各カードの比較が終わりましたが、最終的におすすめできるカードとしてはやはり、どんな方でも持てるスタンダードタイプの楽天カードになるかと思います。

年会費やポイント還元率、国際ブランドなど基本的な項目に加えて、付帯保険なども充実していますからね!

ただそうは言っても、カードを選ぶ上で最も重要となるのは「自分にあったものを選ぶ」ということです。

例えば女性であれば楽天PINKカードを選んだり、学生さんであれば楽天カードアカデミーを選んだりするのが良いんじゃないでしょうか。

まとめ

楽天カードの種類は合計10種類にも及び、それらのカードは全て特徴が異なることがわかりましたね。

これらのカード達の中から、より自分に合ったものを選ぶと効率が良いようです。

ただもちろん全てのカードのベースは通常の楽天カードですから、どのカードを選んでもお得感や満足感といったものが不足することはないのではないかと思いますよ!

楽天カードの種類の多さで迷っていた方も是非、この機会にカードの申し込みをしてみてくださいね。