楽天カードと病院で貰った処方箋を持って、お近くの薬局へGO~医療費でもポイントが貯まる~

楽天カードと病院で貰った処方箋を持って、お近くの薬局へGO~医療費でもポイントが貯まる~

クレジットカード払いが可能な場所は様々な業界で増え続けています。その一つが医療業界です。

金額的にも結構な額になる医療費をカード払いにすることで、ポイントを貯めて少しでも負担を軽減したいという要望が増えているというのが背景にあります。

そこでポイントが貯まることで有名な楽天カードで病院や薬局でカード払いが出来るのかどうか、また使えるとしたらどのようなところで利用できるのかを調べました。

あなたの健康のためには必須な医療費を、少しでもお得にする方法を一緒に探っていきましょう。

楽天カードの基本情報

まず初めに楽天カードを持ったことがないという人のために、楽天カードの情報から見ていきます。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:4.00%

マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:­-
楽天カードボタン

楽天カードは2017年まで顧客満足度9年連続1位を獲得している日本で人気のクレジットカードです。

その大きな要因の一つとして年会費無料であり、誰でも作りやすい点があります。クレジットカードの中には年会費がかかるカードも多数あって持っているだけで負担になることもあるんですが、その点楽天カードは負担になることは絶対にありません。

また18歳以上であれば学生でも作れることから、カード審査が比較的ゆるく誰でも作りやすいんです。

だから「これから医療費をカードで払いたい。けどカードを持ったことがないから不安。」って人には楽天カードはおすすめですよ。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選べる

国産ブランドというのは、カード利用で実際にお金を支払う銀行の種類のようなもので楽天カードはVISA、MasterCard、JCBの3つから選べます。

どれも世界的に有名な広いシェア数を持つブランドなので、もし楽天カードを持って薬局に行っても「この国際ブランドは使えないよ。」と言われることはまずないでしょう。

また海外に行った際の利用にも不便はないので、海外旅行にもおすすめです。

ポイントがどんどん貯まる

楽天カードが人気の理由の一番の要因になります。クレジットカードの中でもポイントの貯まりやすさはトップクラスで、カード利用100円につき1ポイント貰うことが出来るんです。これで高い医療費を楽天カードで支払えたら一気にポイントが貰えますね。

また楽天グループのショップ利用で貰えるポイントが何倍にもなり、特にいつもよく利用する人も多い楽天市場で楽天カードを使うとポイントが4倍(100円→4ポイント)も貰えるんです。

このように貯まったポイントは1ポイント→1円相当として商品の割引等に使えるので還元率で言っても常に1%以上ととてもお得なカードになります。

海外旅行保険が付いている

楽天カードにはポイントを貯めるサービスの他に、無料の付帯保険として海外旅行保険が付いています。

海外旅行保険とは出張や旅行で海外に出かける際に、万が一事故による医療費や損害費が発生しても補償金が下りる保険です。

このように海外旅行時に限定はされますが、楽天カードがあれば万が一の安心にもつながります。

楽天カードは薬局でも使える

では本題に入っていきましょうか。楽天カードで病院の医療費を支払えるかどうかですが、クレジットカード払いが可能であれば問題なく利用出来ます。

例えば病院で貰った処方箋を薬局に行き、お薬を貰う際に楽天カードで支払いが可能なんです。

そこで楽天カードが使える薬局、ドラッグストアはどのようなところがあるのか見ていきましょう。

楽天カードが使える薬局、ドラッグストアは?

まず全国的に有名で利用者数も多いドラッグストアをメインに使えるところを紹介します。

  • マツモトキヨシ
  • ウエルシア
  • サンドラッグ
  • ツルハドラッグ

有名どころでは主に以上のドラッグストアで楽天カードが利用出来ます。結構少ないと思う人もいるかもしれませんが、上記の店のグループ会社のお店でも利用可能ですのでそちらを含めると結構な数です。

ただ店舗によっては使えないというところもあるので、お近くのお店で楽天カードが使えるかどうかは各自で確認する必要があります。

その確認方法として簡単なのが、お店の入り口やレジ付近に国際ブランドのマークが貼っているか見る方法で、マークがあればクレジットカードが使えると判断出来るんです。

また楽天カードのVISA、MasterCard、JCBの3つのブランドが使えないというのはまずないので、クレジットカードが使えるとわかったら安心してレジまで進んで大丈夫です。

小さな薬局では楽天カードが使えない場合が多い

先ほど大手チェーン店を紹介しましたが、町にある小さな薬局では楽天カードが利用できるのか?というと、残念ながら使えない場合が多いです。

そもそも楽天カードが使えないというより、クレジットカードを扱っていない可能性が高いんですよ。

理由としてはクレジットカード利用が出来るお店は、カード会社に手数料を払う必要があるのですが、小さな薬局ではそれが負担になるからです。

また小さな薬局を営んでいる方はご高齢の人が多いイメージありますよね?実際にその通りで、年配の経営者にとってカード払いの仕組みを理解しにくいというのも小さな薬局で楽天カードを取り扱い出来ない理由になります。

楽天カードが使える薬局を探す方法

先ほどお店に行って国際ブランドのマークを見て、カード払い出来るか判断するという方法をお伝えしましたが、自宅でも確認する方法があります。まぁ自宅で調べると言ったら想像できると思いますがネット検索です。

ただし、やみくもに検索するのでなく「薬局機能情報システム」というのが各県に存在し、それを利用することで調べたい地域の市町村単位まで細かく薬局の情報がわかり、クレジット利用可能かどうかも知るとこが出来ますよ。

ちなみに私がいくつかの県に絞ってカード利用できる薬局数の割合を調べたところ10%~60%という数字になりました。

割合のばらつきが凄いですが、数字の低いところは察しの通り地方の県が多いです。地方済には辛い結果になりましたが、全国チェーンのドラッグストアであれば楽天カードを利用出来るのでそこを利用しましょう。

こんな人は楽天カードを病院や薬局で利用することをおすすめ

病院や薬局で楽天カードを使うといってもあまりイメージ出来ない人のために、どのような人に楽天カードの利用がおすすめか紹介します。

頻繁にお薬を病院から貰っている人

何かの持病をお持ちの人は定期的に行きつけの病院から処方箋を貰ってお薬を購入していますよね。

そんな人は特に楽天カードでお薬代を支払うことをおすすめします。定期的な医療費をいうのは結構な負担になりますから、それを楽天カードで支払えば1%ではありますがその分をポイントとして還元することが可能です。

出産間近の妊婦さん

こちらは是非とも知ってほしい情報で、お子さんを出産する場合って出産のための入院費がかかりますよね。

平均的にその額は40~50万円と高額です。けどほとんどの人は入院一時金を42万円まで貰うことができ、実質負担は50万かかっても8万円で済みます。

けど話のキモなのはここから。入院費は一時金を差し引いた金額(8万円)を払うか、一時的に50万円払ってから後で一時金を貰うか選択出来るんですよ。

普通は前者を選ぶんですが、楽天カードを持っているなら後者がお得。なぜって?そりゃ5000ポイントも貰えるからです。実質金8万払いだと800ポイントしか貰えないですからね。

ただし、翌月までに一時金が手に入らないと50万円をひとまずカード会社に自己負担で払わなければいけないので注意してください。

日ごろの買い物でドラッグストアを使う人

ドラッグストアを利用するのってなにもお薬を買う人だけではないですよね。最近のドラッグストアは日常品の品ぞろえも豊富で、しかも安いということもあり普段の買い物で利用する人も大勢います。

そんな人にも楽天カード払いがおすすめです。日々の買い物でもドラッグストアならポイントが貯められるので、とてもお得な楽天カードの使い方と言えます。

まとめ

今まで医療費を楽天カードで支払うなんて思ってもみなかった人も、これで楽天カードの使い道が増えたことでしょう。

また医療費が負担になっていた人も、ほんの少しではありますが楽天カードで1%負担が減りますのでぜひともこれからは楽天カード払いをおすすめします。

まだまだクレジットカードが使えない病院や薬局がほとんどですが、これからどんどん医療費をカードで支払える場所が増えていくでしょう。

今はお近くの病院や薬局でカード利用が出来ないという人でも、楽天カードは日ごろの買い物にもとってもお得なカードですのでぜひ利用してみてください。