楽天カードは勤務先に在籍確認される?電話がくる可能性が高いのはこんな人!

楽天カードは勤務先に在籍確認される?電話がくる可能性が高いのはこんな人!

「就職して収入も安定してきたし、そろそろクレジットカード作るか…」なんて考えている方!

突然カード会社から勤務先へ、在籍確認の電話がきたらどうしますか?

幸運にも自分でその電話を取れれば良いですが、そこまで仲が良くない同僚や上司が出てしまったら気まずくなってしまいますよね。

でも在籍確認のないカードさえ見つけられれば、そんな事件が起こる心配もありません。

そこで今回は、カード審査が通りやすく持ちやすさに定評のある「楽天カード」の場合で調査してみました!

 楽天カードって?

皆さんはそもそも、楽天カードがどんなものなのかご存知でしょうか?

と聞くとおそらく、ほとんどの方が何となくでしかわかっていないはず。

ということでまずは本題に入る前に、楽天カードについての基本情報を簡単に確認していきたいと思います!

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

こちらの表を見ますと、年会費が無料であったり入会資格が優しめであったりといった、色々な楽天カードのメリットが伝わってきますね。

ではここからは上記の表の内容を踏まえつつ、楽天カードのもっと詳しい特徴についてお伝えしていきます!

デザインは計5種類から選択可能!

「楽天カード」と言えば銀色一色の券面が印象的ですが、実はその通常デザイン以外にも以下のようなデザインが用意されています。

  • お買い物パンダデザイン
  • FCバルセロナエンブレムデザイン
  • FCバルセロナプレイヤーデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン

女性でも持ちやすく可愛い「お買い物パンダ」デザインや、楽天ならではの「楽天イーグルス」デザインなどなど、通常デザインの他に4種類のデザインから選ぶことになります。

今はクレジットカードでもお洒落な券面のものが増えてきていますから、楽天カードの券面はちょっとな~と思っていた方も多いかと思いますが、デザインが自分で選べるなら問題ないですよね!

ただ楽天カードの国際ブランドをVISAにしてしまうと上記のデザインは選択不可能になってしまいますので、限定デザインのカードを持ちたいのであれば、国際ブランドはJCBかMasterCardに設定する必要があります。

審査に通りやすく持ちやすい

クレジットカードを申し込む際に立ちはだかる、「審査」という壁。

どれだけ自分好みのカードを見つけて申し込んだとしても審査で落ちてしまえばすべてが水の泡になってしまいますし、一度落ちてしまえば6ヶ月の間はその履歴が残って悪いことだらけです。

でも皆さん、楽天カードはカード審査が緩いと聞いたことはありませんか?

実際楽天カードはアルバイトをしていない学生さんや専業主婦の方などなど、一般的にカードが持て無さそうな無職で収入のない方でも難なく持てているカードなんですよ!

つまり審査の通りやすさと申し込みの気軽さに関しては、もはや一級品と言っても過言ではないということになります。

これならカード審査への不安が大きい方でも、安心して申し込みすることができそうですよね!

支払いが便利な電子マネー付き

楽天カードはクレジットカードでありながら、電子マネーの「楽天Edy」が利用できる一体型カードです。

ただそうは言っても、クレジットカードと電子マネーの両方を使う機会ってなんだか無さそうに思えますよね。

確かにクレジットカードさえあれば、どこでも支払いはできちゃいますから。

でもカードを持つ方の中には少額でクレジットカードを使うのは恥ずかしい…なんて方もいらっしゃるでしょうし、その他にも電子マネーを利用するチャンスは以外と多いんですよ!

それに楽天カードであれば、カードで楽天Edyにチャージをした際にポイントの二重取りをすることだって可能になります。

クレジットカードを選ぶ際に意外と見落としがちな電子マネーですが、実はたくさんのメリットが隠されているところでもあったのです!

楽天カードには在籍確認があるの?

ではいよいよ本題に入らせていただきますが、楽天カードに申し込んだ場合、勤務先へ在籍確認の電話がかかってくることはあるのでしょうか?

これまで楽天カードの申し込みをした方々の意見を参考にしつつ、詳しい実態についてまとめてみました!

職場に在籍確認されることはほぼない

自分以外に取ってほしくない在籍確認の電話。

でも安心してください、楽天カードならほぼ心配する必要はありません!

だからと言って必ずかかってこないという訳ではないですが、特に問題のない普通の人であればまず職場にかかってくることは無いでしょう。

ちなみに好ましいのは成人済みで仕事もある方ですね。

また実際に楽天カードを持っている方から話を聞いて見ても、在籍確認の電話が来たという方はそうそういないです。

本人確認や在籍確認と言うと絶対にかかってくるイメージがあるかもしれませんが、楽天カードなら安心して申し込んでも良いかと思います。

自宅にかかってくることはある

これは余談ですが、職場に在籍確認がかかってこなくとも自宅の方に電話が来ることはあります。

ただこれも必ずというわけではなく、例えば入力した情報にミスがあったりすると、職場ではなく自宅にかかってくることがあるようです。

その時に支度の固定電話を登録していたりすると家族が電話を取ることも考えられますから、それが嫌な方は注意してくださいね!

楽天カードで在籍確認される可能性が高い人まとめ

先ほどお伝えしましたように、楽天カードであれば在籍確認や本人確認の電話がかかってくることはほとんどありませんが、もちろん場合によってはかかってくることもあります。

確認の電話がかかってくるのが嫌な方は、事前にそういったパターンを把握して危険を回避するようにしておくと良いでしょう!

過去の信用情報が一切無い方

楽天カードに限らず、クレジットカード会社はカードの審査時に個人の信用情報、つまり過去のクレジットカードやローンの利用歴といったものを見ます。

つまりこれまで一度もカードを持ったことが無い方やケータイ料金、公共料金などの支払いを今までしたことのないスーパーホワイトな方だと信用情報が全くない状態になってしまっているわけですね。

主に未成年の方に当てはまることが多い例と言えるでしょう。

そうなるとカード会社にしてみればこの人はきちんと返済をしてくれる人なのかどうか、という事がわかりませんので、念のために在籍確認の電話がかかってくることがあるようです。

前のカードと勤務先が違う場合

楽天カード以外に何らかのカードを持ち、転職して前のカードに登録した勤務先と違う情報を登録した際は要注意。

この場合は前のカードで登録した勤務先の住所や職業といったものを変更しないままですと、在籍確認される可能性が高いです。

面倒だからそのままにしているという方は申し込みの前に、必ず情報を訂正しておきましょう。

まとめ

クレジットカードを申し込む際に気になる在籍確認の問題。

でも楽天カードならほぼ連絡が来ることはなく、安心できるという事がわかりましたね!

それに楽天カードはイヤ~な在籍確認を避けられる以外にも、たくさんのメリットが得られるカードです。

在籍確認されたくないという方はもちろん、クオリティの高いカードを探しているという方は是非、申し込みしてみてくださいね!