楽天カードは店頭でも作れる?楽天カードが作れる場所と作り方教えます!

楽天カードは店頭でも作れる?楽天カードが作れる場所と作り方教えます!

楽天カードと言えば、免許証のコピーや印鑑を使用しない「カンタン申し込み」が話題となっていますよね。

でもいくら申し込みが簡単だとは言え、店頭での申し込みにこだわりたい方にとってはカードの作成場所が重要になってくるはず。

そこで今回は、申し込みの手軽さが魅力的とされている楽天カードの申し込み場所や、具体的な作り方についての疑問を解決していきたいと思います。

果たして楽天カードは身近なお店で作ることができるのか、はたまた店頭で作ることは不可能なのか、詳しく探っていっちゃいましょう!

楽天カードとは

ではまずは楽天カードの作り方について見ていく前に、カードの基本情報や性能などをおおまかにご紹介させていただきます。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

こちらは楽天カード公式サイトの情報を元に作成した表になりますが、ざっと見るだけでも高性能なのがわかりますね!

また入会資格に関しては高校生以外の18歳以上で日本に住んでさえいればOKという緩め設定なので、職業や収入を問わずどなたでも持ちやすくなっているのが好印象なんじゃないでしょうか?

それでは引き続き、上記の表の内容についてご紹介していきたいと思います。

年会費が永年無料なのに高性能!

クレジットカードを持つ際の主な基準となるのが年会費。

いくらカードの性能が良くともかかるコストが大きいのであれば意味はありませんし、逆にいくらコストが安くとも性能が悪ければ残念なものになってしまいます。

しかし楽天カードは年会費が「永年無料」のクレジットカードでありながら、年会費がかかるカード達を差し置いて顧客満足度ナンバーワンの称号を勝ち取り続けているツワモノなんです!

つまり従来の年会費無料カードにありがちだった物足りなさも、楽天カードには通用しなかったということですね。

それに何より、クレジットカードは通常カードの使用の有無に関わらず毎年年会費がとられてしまうものですが、楽天カードであればそんな毎年の引き落としを恐れる必要もありません。

お金がかからないという安心感と、高いクオリティの両方を兼ね備えているのは楽天カードの大きな強みと言えるでしょう。

3種類から選べる国際ブランド

楽天カードであれば定番のVISAやJCB、MasterCardといった3つの国際ブランドから選択することが可能です。

国際ブランドは自分にフィットしたカード作りをする上で意外と大きな要素となってきますし、カードの決済力にも直接影響してくる重要な項目ですので、選択の幅が広いというのは嬉しいはず!

またクレジットカードをあまり持ったことのない方ですと国際ブランドに対するこだわりが無く、何となくで選んでしまうことも多いでしょう。

しかし楽天カードでは選んだ国際ブランドによって得られる恩恵やメリットといったものも大きく変わってきますので、選ぶ楽しみも増えるのではないかと思います。

それにこれなら元々国際ブランドにこだわりがある方も、安心してカードを持つことができますよね。

ポイントが貯めやすく使いやすい

最後になりましたが、楽天カードと言えばやっぱり見逃せないのが「ポイント」!

基本的に年会費無料のクレジットカードってポイントの付与率も結構低めに設定されているのですが、楽天カードはそんな心配は一切ナシ。

一般的なカードの加盟店で利用した場合、他のカードのポイント還元率が0.5%程度なのに対して、楽天カードはなんと常時1%還元しちゃう太っ腹ぶりを発揮しています。

また楽天カードにはそれだけでなく、楽天市場を利用した場合の還元率が4%になるという驚きのサービスが用意されているんです!

ちなみに楽天カードは100円ごとにポイントが貯まる仕様になっていますので、還元率4%であれば100円利用ごとに4円分のポイントが貯まっていくことになります。

それに貯まったポイントは一部の店舗でそのまま利用することもできますし、楽天カードと一体になっている楽天Edyのポイントに交換することもできるので使い道にも困りません。

クレジットカードはたとえポイントが貯めやすくとも使いづらければ意味がありませんが、楽天カードはそのどちらも備わっている優秀なカードだと言えるんじゃないでしょうか。

楽天カードは店頭でも作れる?

ではここからはいよいよ、楽天カードの申し込み場所についてお伝えしていきたいと思います。

なかなかお店で作ったという声は聞きませんが、果たして楽天カードは店頭でも作ることが可能なのでしょうか?

お店では作れません…

まず結論から申し上げますと、楽天カードは店頭での申し込みは受け付けておらず、基本的にインターネットでの申し込みのみとなっています。

また申込用紙のみの設置なども今のところされていないようです。

店頭派の方にとっては残念な結果になってしまいましたね…。

ただ、そうは言ってもインターネットでの申し込みにだってメリットはあります。

というかむしろ、手軽さで言ったらネットの方が明らかに上なんですよ!

皆さんの中にはインターネットで個人情報を入力するのが怖いという方も多いかとは思いますが、楽天カードに申し込んだからと言って簡単に情報が流出してしまうことはありませんし、ネット申し込みに抵抗感のある方でも安心して申し込むことができますよ。

ポイントカードだけなら店頭でもOK

先ほどお伝えしましたように、楽天カードを店頭で作る事はできません。

しかしクレジットカードの機能を備えた楽天カードではなく、ポイントカード機能のみ付いた「楽天ポイントカード」であれば、加盟店であるマクドナルドやミスタードーナツ等の店頭でゲットすることが可能です。

ただ本来の楽天カードであればもちろんクレジットカードとポイントカードのどちらも利用できますので、これはあくまでもちょっとした節約用、ということになります。

楽天カードの作り方は?

楽天カードは残念ながら店頭での申し込み不可ですが、インターネットであればいつでも簡単に申し込みをすることができます。

ただ簡単とは言っても具体的にどうやって申し込めば良いのかわからない方もいらっしゃるはずですから、ここでは楽天カードの作り方や、カード作成時に必要になる事などをお伝えしていきたいと思います。

楽天会員IDを入手しよう

楽天カードを作るためにまずやるべきことは、「楽天会員ID」を作ること。

そのままカードの申し込みをできないのはちょっと面倒に思うかもしれませんが、こちらは入力する項目も少ないのですぐに済ませられるはずです。

公式サイトで簡単3ステップ!

必要情報を入力して楽天会員になった後は、いよいよ以下の手順に従ってカードを申し込むことになります。

  • 楽天カード公式サイトにアクセス
  • 楽天カードの国際ブランドを選択
  • 専用フォームで必要事項を入力

これだけです!

上記の3ステップさえ終われば後は、審査結果が書かれたメールを待つのみになります。

ちなみに楽天カードの審査結果はすぐに出ることが多いので、長い間メールボックスとにらめっこする必要はないでしょう。

また入力する必要のある項目に関しても店頭で作るタイプのカードと何ら変わりはないので、特に戸惑うこともないかと思います。

ネットでの申し込みが不安な方も情報を間違えさえしなければ問題なく申し込めるはずですから、安心して挑戦してみてくださいね!

まとめ

調査の結果、残念ながら楽天カードは店頭で作ることができないようでしたが、インターネットでの申し込みもデメリットしかないわけではありません。

また最近では店頭で作るタイプのカードも、お店専用のタブレットやPCなどで入力していくものも多いですから、自身の持っている端末で入力しても何ら変わりはないかと思います。

それにカードの即時受け取りがしたいからお店で作りたいという方は多いですが、楽天カードはネットで申し込んでも届くのが早いと評判ですし、特に不便な点は見当たらないはずですよ!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!