楽天カードはVISAとマスターカードどちらを選ぶべき?ブランド別のメリットまとめ

楽天カードはVISAとマスターカードどちらを選ぶべき?ブランド別のメリットまとめ

「楽天カードを作ろうと思ったけど、国際ブランドが3つもあって選べない!」なんてお悩み、抱えていませんか?

確かに国際ブランドってどれを選ぶのが正解なのか、イマイチよくわかりませんよね。

そこで今回は、悩んでしまいがちな楽天カードの国際ブランド問題を解決するべく、世界中でもシェア率の高いVISAとMasterCardの2つに絞って比較していきたいと思います。

楽天カードの国際ブランド選びに悩んでいる方は是非、参考にしてみてくださいね!

楽天カードとは?

ではまずは国際ブランドの説明に入らせていただく前に、楽天カードの性能についてざっくりとおさらいしていきましょう。

基本情報は以下の表にまとめさせていただきましたので、是非参考にしてみてくださいね。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

こちらが楽天カードの基本ステータスとなっていますが、一つ一つの項目をじっくり見て見ても欠点が見当たらないのが凄いですね。

これぞ顧客満足度ナンバーワンのスペック!と言ったところでしょうか。

では次項からは、楽天カードの具体的な長所や特徴についてもっと詳しく迫っていきたいと思います!

年会費が永年無料!

私の場合、クレジットカードを探す時にまず見てしまうのが「年会費」なのですが、皆さんの中にもそういった方は多いのではないでしょうか?

だっていくらカードの性能が良くっても、コストがかかりすぎてしまっては明らかに損ですから!

でもそんな私のようなケチっぽい人でも(笑)楽天カードなら大丈夫。

CMや公式サイトでバーンと「年会費永年無料」と書かれている通り、コストは全くかからないんです。

しかももちろん本人用のカードだけでなく家族が持てる家族カードの年会費も無料なので、夫婦仲良く同じカードを持つも良し、ネットショッピングを利用することの多い子供に持たせるも良し。

無慈悲にも毎年引かれてしまう運命にある年会費を払わなくて済むのって、節約家の方にとってはかなり大きなポイントになりますよね!

ポイントザクザク貯まる!

続きましては楽天カードの「ポイントサービス」について。

これはもう、楽天カード最大の魅力と言っても良いんじゃないでしょうか。

なんて言ったって、楽天市場でのポイント還元率4%ですからね!

ポチポチっとお買い物をするだけで、100円ごとに4円分のポイントが貯まっちゃいます。

ちなみに今、「たかが4円」と思った方がいらっしゃるかもしれませんが、もし現金払いだったら1円も返ってこないどころかむしろ手数料がかかって大損ですよ!

またもちろん楽天カードであれば楽天市場以外のカード加盟店でポイントが貯められますし、年会費以上のパフォーマンスはしっかりと発揮できていると言えるでしょう。

しかも楽天カードには電子マネー「楽天Edy」が付属していますから、楽天カードから楽天Edyに残高チャージをすればポイントの二重取りもできちゃいます。

これはもう、コスパ最強のクレジットカードと言っても過言ではないですよね!

旅行に役立つ優待サービス付き!

楽天カードにはちょっと珍しい、旅行向けサービスが用意されています。

詳しいサービス内容に関しては以下を参照してください。

  • 手荷物宅配優待サービス
  • おトクな駐車場利用(羽田・成田空港)
  • 海外レンタカー10%オフ
  • 携帯・WiFiルーターレンタル15%オフ

これを見ると、外出時に役立つWi-Fiルーターの割引きや海外レンタカーの割引きなど利用頻度が高そうなものに対応してくれているのがわかりますね。

利便性の高いサービスばかりなのにあまり知られていないのが残念なくらいです!

また楽天カードにはこれらの優待サービスの他にも、最高2,000万円まで補償してくれる海外旅行傷害保険まで付帯しています。

海外限定にはなってしまいますが、旅行の度にわざわざ保険に加入する手間とコストを考えると、これもかなりお得なサービスと言えるんじゃないでしょうか。

楽天カードならではのビザとマスターカードのメリットは?

では楽天カードの紹介が終わりましたところで、ここからは実際にVISAとMasterCardの違いやメリットについて解説していきたいと思います。

一見代り映えしなさそうな国際ブランドですが、一体どんな違いが隠されているのでしょうか?

VISAの長所

ではまず、楽天カードで国際ブランドVISAを選んだ場合のメリットについて見ていきましょう。

  • 世界シェアナンバーワンの決済力
  • 海外での優待特典が受けられる

以上がVISA選択時に得られるメリットとなります。

ちなみにこれらは楽天カード独自のサービスという訳では無く、VISA自身に備わっている特徴です。

つまり、残念ながら楽天カード作成時にVISAを選んでも何か特別なメリットが発生することはありません。

しかしそうは言ってもVISAは世界中で最も支持されている国際ブランドですから、カードが利用できる加盟店数や決済力で考えると最強クラスです。

またそれ以外にも、VISAには韓国やハワイ、アジアなどの地域で利用できる海外向けの優待サービスが用意されています。

ですからVISAを選んだからと言って損することはまずないわけですね。

国内でも海外でもVISAカードを持っていればまず困ることはないでしょうし、なかなかおすすめできる国際ブランドなのではないかと思います。

MasterCardの長所

続いてはMasterCardのメリットについて詳しく解説させていただきます。

  • プリペイドカード「au WALLET」のチャージが可能
  • お買い物パンダデザインが選択可能!
  • 世界シェアナンバー2の決済力
  • 一部レストランやホテルでの割引きが受けられる

楽天カード申し込み時にMasterCardを選択した場合に得られるメリットは、以上の4つです。

先ほどのVISAと比べると電子マネーへのチャージが可能になったり、券面のデザインが選択できるようになったりといった楽天カードならではのメリットが備わっていることがわかりますね。

またMasterCardは世界でのシェア率もナンバー2ですので、決済力に関してもバッチリです。

国際ブランドの選択はなんとなく適当にしてしまうことも多いですが、楽天カード本来の機能性に加えてこれほどのメリットがプラスされると考えると、国際ブランド選びもなかなか考え物ですね。

楽天カードの国際ブランドはどっちを選ぶべき?

さて、各国際ブランドのメリットについて見てきましたが、結論としておすすめできるのはどちらのカードなのでしょうか?

先ほどのメリット内容を振り返りつつ、簡単にまとめていきたいと思います。

海外での利用が多いならVISA!

まずVISAには楽天カードならではの特別なサービスというのはありませんが、やはり決済力で言えばなんであろうとVISAの右に出るものはいません。

それに楽天カードは元々、海外向けの優待サービスや保険といったものが充実しているカードですから、VISAに付属している海外優待サービスとの相性は抜群です!

旅行や出張で海外に行く機会の多い方であれば、VISAの楽天カードを持っておくことをおすすめしますよ。

よりお得なのはMasterCard!

先ほどお伝えしました通り、楽天カードでVISAを選択するとちょっと海外よりのカードになってしまいますが、MasterCardなら日本国内で利用できるサービスも多くなります。

また支払い能力に関しては若干VISAに劣るものの、国内でも海外でも特に不自由を感じることはないでしょう。

それに何より、MasterCardならではのメリットだけでなく、楽天カード独自のサービスが用意されているというのが魅力的ですよね!

au WALLETへのチャージやお買い物パンダの可愛いカードデザインに魅力を感じるのであれば、かなりおすすめできる国際ブランドと言えるでしょう。

まとめ

楽天カードの国際ブランド対決、いかがでしたでしょうか?

メリットの数で言えばVISAよりもMasterCardが上手のような気がしますが、VISAにはやはり世界シェアナンバーワンの決済力と安心感が備わっていますし、ハッキリとどっちが良い!と言えないのが嬉しくも悔しいです(笑)。

カード自体の性能もバッチリなのに、国際ブランドまで優秀なんてビックリですよね。

今回は私からどっちがおススメとは言いませんが、皆さんには是非、先ほどの内容を参考にしてお気に入りのものを選んでいただければと思います!