楽天カードで全日空(ANA)マイルを貯めるならマイレージクラブが一体化したこのカード!

楽天カードで全日空(ANA)マイルを貯めるならマイレージクラブが一体化したこのカード!

楽天カードはポイントが貯まりやすいので全日空のANAマイルを貯めるカードとして利用している人はたくさんいます。

そんな人たちに朗報!なんと楽天カードとANAマイレージクラブが合体したクレジットカードがあるんです。

それが「楽天ANAマイレージクラブカード」になります。これまでANAマイレージクラブカードと楽天カードの2枚持ちをしていた人も1枚で済むので、カードでかさばっていた財布を薄く出来るんです。

もちろん他にも様々なメリットが楽天ANAマイレージクラブカードにはあるので、今まで楽天カードを使っていた人はこれを機にカードを切り替えてみませんか。

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴

楽天ANAマイレージクラブカードはどのようなサービス内容になっているのか見てみましょう。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:540円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:4.00%

マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:­-
楽天カードボタン

年会費以外、基本的な内容は楽天カードと変わりません。入会資格が18歳以上(学生可)と大学生の人でも持ちやすいカードとなっています。

また国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBと世界的にもシェアの広い3つから選べるので選択肢は広いです。

無難なのは海外でも利用可能店が多いVISAかMasterCardですが、国内でしか使わないのであればJCBでも問題ありません。

さらに付帯保険として海外旅行保険が付いているので、海外旅行に出かけた際も楽天ANAマイレージクラブカードがあれば盗難や事故による入院などもしもの時も安心です。

ではもっと具体的なカード内容を見ていきましょう。

年会費

年会費だけが唯一、基本カード内容として楽天カードと違う点になります。しかしこの年会費540円は実は1年に一回でもカードの利用があれば翌年度無料になるという仕組みで、実質的に楽天カードと同じく無料と考えてもいいです。

ですから楽天カードから切り替えを考えている人はカード内容を気にすることなく安心して、楽天ANAマイレージクラブカードに乗り換えましょう。

ポイント還元率

ポイント還元率も楽天カードと変わらずに高い数字を得ることが出来ます。基本的に100円→1ポイントを貯めることが出来、楽天市場を利用すれば4倍の100円→4ポイントをゲット出来るんです。

また楽天カード同様に電子マネー機能「楽天Edy」が使えて、楽天Edyの支払いなら200円で1ポイント貰えます。(チャージでも200円→1ポイント付与なので実施200円→2ポイント)

こうして貯まったポイントは全て1ポイント→1円価値で各商品と交換出来るので、還元率は最低でも1%、楽天市場利用なら4%にもなるんです。

マイル付与率

気になるマイルの貯まりやすさですが、国内一般加盟店を利用した場合100円で1ポイント貯まり、1ポイントを0.5マイル換算で交換出来ます。

これをマイル付与率にすると0.5マイル÷100円=0.5%です(マイルが直接貯まるANAマイルコースにしても同じ。)

これだけではいまいちと感じる人もいるかもしれませんが、もっとマイル付与率を上げる方法があるので詳しくは後ほど紹介します。

楽天ANAマイレージクラブカードのここが凄い!

楽天カードと比べたときの楽天ANAマイレージクラブカードのメリットがあるんです。

ANAマイレージモール利用でマイル付与率がグッとアップ

国内一般加盟店で普通にカードを使っただけではマイル付与率0.5%といまいちの数字ですが、ANAマイレージモールを使うことで大きく数字は変わります。

例えばマイレージモール経由で楽天市場を利用すれば200円で通常の楽天ポイント4ポイント(2マイル相当)に加え、1マイル付与されるんです。

つまり3マイル÷200円=マイル付与率1.5%に跳ね上がります。さらに楽天ブックス利用なら100円で1マイル貰えるので、マイル付与率が2%にもなるんです。

このようにうまく楽天ANAマイレージクラブカードを使えば大量のマイルが貯められます。

ANAマイルを直接貯められる

マイレージクラブが楽天カードと一体になったことで、いちいちポイントをマイルに交換する手間がなくなり、200円→1マイルで直接マイルを貯められるようになるんです。

直接マイルを貯めるには「ANAマイルコース」を選択する必要があり、今まで通りポイントで貯めたい人は「楽天スーパーポイントコース」を選ぶことも出来ます。

自分に合ったスタイルに合わせてコースはいつでも変更出来るので安心してください。

また「ANAマイルコース」のメリットについて補足すると、ポイント→マイルの手間がなくなるほかに交換上限がないという点もあります。

ポイントからマイルの交換だと一回1,000ポイントまでで、1か月20,000ポイントまでという交換上限があるんです。ですから1か月最高1,0000マイルしか貯まりません。

貯まったマイルを航空券に交換する場合は大量のマイルが必要になりますから、交換上限って結構煩わしいんですよね。

けれどもANAマイルコースだと直接マイルが貯まるので上限なく貯められます。

ANAカードと同じ「スキップサービス」が使える

スキップサービスとは全日空便を利用するとき空港で搭乗手続きカウンターや自動チェックイン機に並ぶことなく、いきなり保安検査場での手荷物検査に進むことが出来るサービスです。

空港って手続きが多いうえに待ち時間が長くてイライラしてしまう人も多いと思いますが、このスキップサービスがあればスイスイ搭乗まで進めちゃいます。

このサービスはANAカードに備わっているサービスなのですが、楽天ANAマイレージクラブカードにもあることを知っていれば旅行のとき非常に便利です。

楽天ANAマイレージクラブカードの疑問

楽天ANAマイレージクラブカードは2016年に登場し、まだ歴史は長くありません。そのため皆さんが持っている楽天ANAマイレージクラブカードの疑問にお答えしましょう。

楽天カードから楽天ANAマイレージクラブカードへ切り替えるのは?

楽天ANAマイレージクラブカードの存在を知り、楽天カードから切り替えたいという人のためにカードの切り替え方を教えます。

まず楽天e-NAVIにログインし、カードのお申し込み・切り替えメニュー→「楽天ANAマイレージクラブカード」へ進むことで切り替え可能です。

また注意してほしい点として切り替えには手数料1,080円がかかり、またカード番号も変わるので光熱費などを楽天カードで支払っていた人は各自でカード番号変更の手続きが必要になります。

マイルの確認は楽天e-NAVIから出来るの?

マイルがどれくらい貯まっているのか常に気になりますよね。そこで貯まっているマイルの確認方法ですが、楽天e-NAVIからは出来ません。

ANAウェブサイトから確認することが出来ますよ。

楽天ANAマイレージクラブカードのコース変更の仕方は?

ポイントを貯める「楽天スーパーポイントコース」とマイルを直接貯める「ANAマイルコース」のコースの切り替えは楽天e-NAVIにログイン後、「コース変更」の項目から手続き可能です。

切り替えはいつでも出来るのであなたの利用状況や目的でコース分けしましょう。

ただ手続きをしても実際にコースが切り替わるのは翌月からになるので、注意してください。

まとめ

クレジットカードを使い、街利用でマイルを貯める人はどんどん増えています。そのとき使うクレジットカードで最適なカードの一つが常に高いポイント付与率が得られる楽天カードでした。

しかしそれももう昔の話で、もっと便利にANAマイルが貯められるのが楽天ANAマイレージクラブカードなんです。

ポイントからの交換の手間もなく、交換上限がなく、空港での待ち時間が減るスキップサービスまで搭載されている楽天ANAマイレージクラブカードをこれからのANAマイルカードとして使ってみてはいかがでしょうか。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!