今月のおすすめカード!

楽天カード

【おすすめポイント!】
今なら新規入会&利用で5,000円分のポイントをプレゼント
すぐに使えるので、初めてのネットショッピングがさらにお得に!

楽天カードでANAマイルを貯めるのはあり?楽天ANAマイレージとの違いは?

「楽天カードならめっちゃマイル貯まるし、私でもハワイに行けちゃう!?」

なんて期待を寄せている人も多いでしょう。

 

確かにクレジットカードでマイルを貯めて航空券をゲットするやり方はかなり有名です。

「出張や旅行でたまに飛行機を利用するし、私もマイル貯めようかな。」とマイラー生活を始める人も増えてます。

 

でも、マイルを貯めるのに楽天カードは本当に適しているのでしょうか?

  • ANA ソラチカカードとかANAカードと楽天カードどっちがマイルが貯まりやすいのか?
  • 楽天市場やゴルフなどで月20万円程使う予定だけど、ANAマイル有効期限3年以内に航空券に届く?
  • ANA楽天カードってのがあるけど、還元率は楽天カードと変わらないし、マイルを貯めるうえでメリットってあるの?

などなど、マイル用に楽天カードを作るにはまだまだ決定要素が足りない・・・

 

そこで今回、楽天カードではどれくらいマイルが貯まり、本当にマイルを貯めたい人に適したクレジットカードなのか調べてみました。

夢のハワイ旅行は意外と目の前かも…!!

楽天カードのマイルの貯まり安さはどれくらい?メリットは?

楽天カード 画像
国際ブランド Visa

Mastercard

JCB

アメックス

年会費 無料
申し込み資格 18歳以上
(高校生不可)
電子マネー機能 楽天Edy
基本ポイント 100円=1ポイント
還元率 1.00%~3.00%
交換可能マイル ANAマイル
(1ポイント=0.5マイル)
ショッピング利用可能枠 10万円~100万円
特徴

★最低でもポイント還元率1%

★楽天市場で買い物すればポイント3倍!

★一般カードの中で抜群のポイントの貯まりやすさ♪

楽天カードで貯めたポイントはANA航空のマイルと1ポイント➡0.5マイル換算で交換可能。

カード利用で換算すると100円につき0.5マイル貯まります。

 

ただし、JAL空港のマイルには交換出来ないので注意です。

楽天市場を使えば100円で1.5マイル貯まる

年会費無料の人気クレジットカード ANAマイル付与レート
楽天カード 100円➡0.5マイル

100円➡1.5マイル
(楽天市場を利用)

Orico Card THE POINT
(オリコカード)
100円 ➡0.6マイル
三井住友VISA
クラシックカード
※1
100円➡0.3マイル
エポスカード 100円➡0.25マイル

※1. マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費無料

 

楽天カードは楽天市場を利用したときに最大の真価を発揮します。

なぜなら100円利用で通常の3倍の3ポイントも貰えるからです。

 

そしてこれをマイルに換算すると100円➡1.5マイルにもなります。

他の年会費無料で、ANAマイルが貯められるカードと比べても圧倒的な高レート!

 

ちなみにマイルを貯めるのに王道と言われる「ソラチカカード」のレートはこちら。

ソラチカカードのANAマイルレート

100円➡1マイル(移行手数料年5,000円)

どこで買い物しても100円➡1マイルというのはありがたいですね。

しかし、ソラチカカードは年会費2,000円とマイル移行手数料5,000円がかかります。

 

この点を踏まえると、年会費無料で楽天市場なら100円➡1.5マイルも貯まる楽天カードの方が優れています。

ポイントで貯めることでマイル有効期限3年を回避

これからマイルを初めて貯めようとお考えの人はある注意して欲しい点があります。

それはマイルには有効期限があり、ANAマイルの場合は3年で消滅するんです。

 

つまり、航空券までをゲットしたいなら3年で目標マイルまで貯めなくてはいけません。

これが非常に難しい。

 

例えば、国内外の航空券をゲットできるのに必要なマイルの目安をご覧ください

旅行先 必要マイルの目安
国内旅行 12,000マイル~23,000
海外旅行 エコノミー:12,000~60,000

ビジネス:25,000~95,000

ファースト:105,000~180,000

100円で1マイル貯まる計算だと、

  • 国内旅行:約 120万円~230万円
  • 海外旅行:約120万円~600万円

が必要になります。

 

国内旅行なら可能性がありますが、海外旅行だと3年でこれだけマイルを貯めるのか非常に厳しいです。

出来ても近場のアジア圏内の旅行になるでしょう。

 

ですが楽天カードでポイントとして貯めておき、必要分貯まってからマイルに交換することでマイル有効期限3年を回避出来るんです。

ちなみに楽天ポイントの有効期限は、年に1度以上で1年延長なので実質無期限と考えていいです。

ですから、日ごろの買い物のみでコツコツゆっくりマイルを貯めたい人に楽天カードは向いています。

50ポイントからマイルに交換できる

クレジットカード名

(ポイント付与レート)

マイル付与レート
楽天カード

100円➡1P

50 P ➡25マイル
(ANA)
Orico Card THE POINT
(オリコカード)100円➡1P
1000 P ➡600マイル
(ANA)1000 P ➡5マイル
(JAL)
三井住友VISA
クラシックカード1,000円➡1P
100P➡300マイル
(ANA)
エポスカード

200円➡1P

1000P➡500マイル
(ANA)1000P➡500マイル
(JAL)

楽天カードでマイルを貯めるメリットとして、小額から貯められるというのもあります。

というのもクレジットカードで貯めたマイルは1ポイントから交換できるわけではなく、最低~ポイントから交換という縛りがあるんです。

上の表を見てわかるように、例えばオリコカードは1000ポイントも貯めないとマイルと交換出来ません。

 

対して楽天カードは50ポイントからでもマイルに交換出来ます。

この差が実はかなりデカイ。

 

例えば、「ハワイ行きの航空券までようやく、後10マイルまで来た!」

となった場合を考えましょう。

 

後10マイル補充するのにオリコカードだと100,000円(1000P)も利用しないといけないんです。

これが楽天カードなら5,000円利用(50P)で済みます。

たったの10マイルでこんなに道のりの差が出るんです。

 

ですから50マイルから交換できるという楽天カードのメリットも馬鹿に出来ません。

楽天カードでマイルを貯めるのに向いている人
★楽天市場を良く使う人

★有効期間を気にせず、じっくりマイルを貯めたい人

★必要な分だけ足りないマイルを補充できるサブカードが欲しい人

「楽天カード」と「楽天ANAマイレージクラブカード」どっちがいいの?

楽天カードには「楽天ANAマイレージクラブカード」というものが存在します。

ANAって付いているし、こっちの方がマイル貯まりやすいんじゃないの?

って思いますよね。

 

そこで「楽天カード」と「楽天ANAマイレージクラブカード」の違いを見て行きましょう。

貯まるポイント・マイルに差はない

実はこの2枚のカード、ポイント・マイルともに貯まりやすさに差はありません。

100円に付き1ポイント貯まり、1ポイント=0.5マイル相当で交換出来ます。

ちなみに楽天ANAマイレージクラブカードは年会費が500円で、年1回以上利用で無料です。

 

じゃあ「楽天ANAマイレージクラブカード」のメリットは何なんだ?

という方は続きをご覧ください。

ANA楽天マイレージカードなら自動でマイルが貯まる。けど・・・

楽天ANAマイレージクラブカードは利用額に応じて自動でマイルが貯まる機能を付けられます。

つまり楽天カードだといちいち貯めたポイントをマイルに交換していましたが、楽天ANAマイレージは直接利用額に応じてマイルが貯まるんです。

 

ですがちょっと待ってください。

初めからマイルにするという事は、マイルの有効期間3年が現れます。

楽天ポイント有効期間、実質無期限のメリットが失われるんです。

また、自動マイル切り替えにするにはいちいち申請がいるので、マイルとポイントを両方同時に貯めたい人にとっては正直、面倒くさい…

 

とはいってもANAマイレージクラブ機能が付帯されているのは確かなメリットでもあります。

例えば、「複数のカードでマイルを貯めていて管理が面倒になった」なんて人はANA楽天マイレージカードを選択するのもありでしょう。

 

それ以外のかたは正直、通常の楽天カードでOKです!

楽天ANAマイレージクラブカードにANA特典はない

楽天ANAマイレージクラブカードと聞くと、ANAカードと勘違いされる方がいます。

しかし、「楽天ANAマイレージクラブカード」はANAカードではありません。

あくまでANAと提携しているカードという位置づけです。

そのため、ANAカード共通の「フライトでのマイル付与」や「国内・海外旅行ツアーの割引」といった特典はありません。

 

その代わり、楽天ANAマイレージカードにはANA国内線のチェックイン(搭乗手続き)を飛ばして直接保安検査場に進めるサービスがあります。

頻繁にANA国内線を利用する方にとっては、煩わしい搭乗手続きのストレスがなくなるので嬉しい特典ではないでしょうか。

結論:楽天カードのほうがマイルを貯めるのに便利!
★マイルの貯まりやすさはどっちも変わらない

★楽天ANAマイレージカードはポイントとマイルの併用がしにくい

★楽天ANAマイレージカードにANAカードの特典はない

楽天カードでマイルを最大限に貯める活用術

これからマイルを貯めて国内・海外旅行を目指すあなたのためへ。

最後にマイルを最大限に貯める楽天カードの活用術をこっそり教えちゃいます。

楽天市場は必ずアプリ経由で行う

楽天カード使うなら楽天市場というのは誰もが知る常識ですよね。

でも、さらにも超簡単なひと手間を加えるだけで貰えるポイントが増えます。

 

それは楽天市場のアプリから買い物をするだけ。

というのも楽天カードにはポイントUPプログラムというものがあり、楽天市場アプリを利用するだけで貰えるポイントが1倍増えます。

つまり、楽天市場の利用+3倍&アプリ利用+1倍=4倍

となるんです。

 

いつもパソコンから楽天市場で買い物をしていた方は、これからはスマホアプリから楽天市場を使いましょう。

楽天カードが使えない店では楽天edyか楽天ペイ利用

楽天カード(クレジットカード)が使えないお店で買い物をするとき、皆さんどうやって支払っていますか?

恐らく現金を利用している方がほとんどでしょう。

しかし、その支払いを楽天カードと紐づけたスマホ決済アプリ「楽天ペイ」にするだけでなんとポイントが貰えるんです。

 

仕組みとしては、

楽天ペイの利用特典:200円➡1ポイント付与

楽天カードから利用分が引き落とし:100円➡1ポイント

このように今まで1ポイントも貰えない現金払いしていたお店でも、ポイントが貯まり、その分マイルも増えるというわけです。

まとめ

ただ楽天市場でポイントが貯まるクレジットカードとだけ思っていた楽天カード。

実はマイルを貯める上でも非常に優秀なカードだったんです。

そのレートは何と楽天市場利用なら100円に付き1.5マイル!

人気ANAカードであるソラチカにも引けを取りません。

 

また楽天カードは小額からでもマイル交換できるなど様々なメリットがあります。

日々の買い物でマイルを貯めるなら持っておいて損はありませんよ。

ぜひ楽天カードでコツコツマイルを貯めれば、夢の海外旅行も意外と近くにあるんです。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!