カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


ライフカードの申し込み方法をご紹介!これを読めばすぐに申し込みすることができます

「ライフカードが欲しい!でも申し込みがよくわからない!」

という人は多いのではないでしょうか?

しかし安心してください、この5分で読み終わる記事を読むだけであなたはライフカードの申し込み方法を完璧にマスターすることができますよ。

ライフカードの申し込み方法さえわかれば、申し込みにかかる時間はたったの10分!

さくっとできちゃうライフカードの申し込み方法をさっそく見ていきましょう。

ライフカード
年会費 無料
入会資格 日本にお住いの18歳以上(高校生不可)
電話連絡が可能な方
国際ブランド MasterCard
VISA
JCB
限度額 10~200万円
付帯保険 カード会員保障制度
ポイント還元率 0.50%~1.50%
ポイント有効期限 最大5年間
電子マネー iD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco

ライフカードの申し込み方法

ライフカードの申し込み方法をご紹介していきますが、この記事を読みつつライフカードの申し込みを進めるとよりわかりやすくライフカードを申し込むことができますよ。

ライフカードの申し込みは2種類あり!おすすめはweb完結型!

ライフカードの申し込み方法は2種類あり、『web完結型』と『通常型』があります。

どちらの申し込み方法でもライフカードを作ることは可能ですが、おすすめしたいのは『web完結型』です。

web完結型も通常型、どちらを選んだとしてもオンラインから申し込む必要があるのですが、web完結型はその名の通りオンライン上で申し込みが終了します。

しかし通常型の場合、オンラインで申し込みをしたのち『必要書類』をライフカード側に送らないと行けず、そのやり取りの時間だけライフカードが発行されるまで時間がかかってしまうんです。

そのためライフカードを申し込むなら圧倒的にweb完結型が早くてらくちん!次項ではweb完結型の申し込み方法についてご紹介していきますよ。

ライフカードを申し込み手順はこちら

ライフカードの申し込み手順は

  1. 申し込みできるページに飛ぶ
  2. ライフカードの同意事項に同意する
  3. 申し込みするカードの種類・個人情報を入力
  4. 勤め先や追加のサービスを入力
  5. 申し込み内容の確認
  6. お支払い口座の指定

となっています。

1 申し込みできるページに飛ぶ

まずは下のボタンからライフカードの申し込みできるページに飛んでください。

その後はサイト内にある『お申し込みはこちら』を押しましょう。

※学生専用ライフカードの申し込みをしたいなら、サイト中段にある学生専用ライフカードの『お申込み』ボタンから申し込みをしてください。

2 ライフカードの同意事項に同意する

お申込みのボタンを押すと

  • 個人情報の取扱いに関する同意約款
  • 会員規約
  • ライフカードiD規約
  • Life-Web Desk利用規定

の4つに目を通したのち、同意して次へを押します。

後からもう一度同意内容を確認できるように、それぞれの規約等を印刷するのもいいですね

3 申し込みするカードの種類・個人情報を入力

ライフカードの国際ブランド(VISA・MasterCard・JCB)のいずれかを選択し、氏名や住所等を記入していきます。

電話番号の入力はどちらかのみでもOKですので、繋がりやすい方の記入でも問題ありません。

後に申し込み内容の確認がありますが、この時点で入力ミスは極力なくすようにしましょう。

4 勤め先や追加のサービスを入力

勤め先や追加のサービスを入力していきます。専業主婦や無職の人だと勤め先は『主婦・無職』になるので注意してください。

ここまでくればライフカードの申し込みはもうほとんど終了です。

5 申し込み内容の確認

今までに記入した申し込み内容の確認です。氏名・住所などに間違いがないかもう一度チェックしましょう。

6 お支払い口座の指定

ライフカードの支払いで使う口座の指定をします。

ライフカードはいろんな金融機関の口座がご利用になれるので、普段使いの通帳の口座番号で大丈夫ですよ。

 

これでライフカードの申し込みは完了です。

文字入力に慣れているなら5分とかからない内容となっており、入力に手間取っても10分あれば終わってしまいます。

このようにライフカードの申し込みは、あなたが思っている以上に簡単ですから、『クレジットカードの申し込みって面倒くさそう』と思っている人は、ぜひやってみるとよいでしょう。

ライフカードの申し込みした後の流れをチェック

ライフカードの申し込みが終われば後はクレジットカードが届くのを待つのみ。

しかしどのような流れでクレジットカードが届くのか気になる人もいるはずです。ここではライフカードの申し込みから実際に届くまでの流れをご紹介していきます。

ライフカード申し込みから自宅に届くまでの流れ

ライフカードが自宅に届いて使えるようになるまでは

  • ライフカードの申し込み
  • カードの審査
  • ライフカード発行
  • ライフカードの発送
  • 自宅に届く

の流れとなっています。この流れをスムーズにいけば、自宅に郵送されるまで1週間とかかりません。

この流れの中で一番時間がかかるのはカードの審査~発行までですが、それでも最短3営業日には終わっちゃいますね。

また、ライフカードは申し込みでから届くまで早いのが特徴。

実際にライフカードが郵送されるまでに1週間程度かかりますが、他のクレジットカードだと3週間以上かかることもあるんですよ。

ライフカードを利用する前にこれだけは注意して

ライフカードが自宅に届いた後に行うべきことがいくつかあります。

これを知っておかないと『ライフカードがいきなり利用停止』になることもあるのであらかじめチェックしておきましょう。

ライフカードの裏面に署名をする

ライフカードの裏面には署名をする欄があるので、そこにあなたの名前を記入しましょう!

実はこれかなり重要なことで、ライフカードに署名をしない限りはまだあなたのクレジットカードではないことになっているんです。

そのため、実際にライフカードで買い物をしようとしても署名がないので使えず、時にはクレジットカードの不正利用と疑われて面倒なことに巻き込まれることも。

ライフカードが届いたらまずは署名をする、このことは忘れないようにしてくださいね。

ライフカードの貸し借りは”利用規約”違反です

「このクレジットカードでちょっと買い物をしてきて」

なんて友人や家族にライフカードを貸すという行為はNG!

ライフカードの利用規約には「カードの貸し借りはしてはいけません」といった内容が書かれています。

つまり、ライフカードを貸したことが明白になった場合、利用規約違反としてクレジットカードの利用停止・解約される可能性があるんです。

まとめ

ライフカードの申し込みが不安な人・やり方がよくわからない人は、ぜひ今回ご紹介した申し込み方法を見ながら実際にやってみてください。

そうすることでライフカードの申し込みは10分で終了し、あとはライフカードが届くのを待つばかり。

クレジットカードがあるだけで買い物や支払い等かなり便利になりますから、まだクレジットカードを持っていないならライフカードを最初の1枚として作ってみてはいかがでしょうか。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!