カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


ライフカードのメリット・デメリットをご紹介!どんな魅力・欠点があるクレジットカードなの?

「ライフカードを持つとどんなメリットがあるの?」
「ライフカードのデメリットは何?」

クレジットカードを作る時には、やっぱりどんなメリット・デメリットがあるのか気になりますよね。

そこで今回、ライフカードのメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

この記事を読むことでライフカードについての詳細まで知ることができちゃいますから、

”ライフカードを申し込みしようかな”とお考えの人は、ぜひ最後までご覧になっていってください。

ライフカードの基本的な情報をチェックしよう

ライフカードのメリット・デメリットを確認する前に、まずはライフカードとはどんなクレジットカードなのか紹介していきます。

ライフカード
年会費 無料
入会資格 日本にお住いの18歳以上(高校生不可)
電話連絡が可能な方
国際ブランド MasterCard
VISA
JCB
限度額 10~200万円
付帯保険 カード会員保障制度
ポイント還元率 0.50%~1.50%
ポイント有効期限 最大5年間
電子マネー iD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco

いつまでも年会費無料

クレジットカードを持つとなると年会費は気になるところ。しかしライフカードなら年会費を全く気にする必要はありませんよ!

なぜならライフカードはいつまでも年会費無料で使い倒すことができるから。

どんなにライフカードを多用しようが何年利用しようが、年会費は0円。

もちろん入会金やライフカード発行費・事務手続き等も費用が掛からなくなっています。

カード会員保障制度でカードの悪用被害も安心

「クレジットカードは悪用されるのが怖くて使いたくない」

そんな人は多いのではないでしょうか。

もしクレジットカードの悪用に不安があっても、ライフカードなら大丈夫!

ライフカードにはカード会員保障制度というモノがあり、それは

  • クレジットカードの盗難・紛失
  • クレジットカードの情報漏えい
  • 第三者によるクレジットカードの悪用

などに遭った場合、不正にライフカードを利用された金額を支払う必要がありません。

このため、万が一クレジットカードに何かしらの不具合が起きても自己負担する金額は0円となっており、ライフカードが全て補償してくれるんです。

入会後1年間はポイント1.5倍!

クレジットカードが欲しい人の中には、カードのポイント目当てで支払いをクレジットカードにする人は多いです。

あなたもクレジットカードのポイントを貯めるのが好きでしたら、それこそライフカードを作るべきとなっていますよ。

ライフカードの入会後1年間はポイントが1.5倍、クレジットカードを利用すればするほどもらえるポイントはお得になっちゃいます!

また、年間50万円以上ライフカードを使用すると翌年度以降もポイントが1.5倍、年間200万を超えるとポイントは2倍にもなるんです。

ライフカードを持つメリットはコレ!

ライフカードの基本的な情報を確認したところで、いよいよ本題であるライフカードを持つメリットをお伝えしていきますよ。

誕生日月はポイント3倍に!

ライフカードは入会後1年間、ポイントが1.5倍になることは先ほどご紹介しましたね。

しかしポイント1.5倍はまだまだ序の口。

実はライフカード、『誕生日月にポイントが3倍』にもなっちゃうんです。

コンビニや居酒屋・ブランド店など、誕生日月ならどこで利用してもポイントが3倍になりますからポイントはかなり貯めやすくなっています。

ポイント有効期限は最大で5年間!

ポイントは有効期限を過ぎてしまうと使えなくなり、せっかく貯めたポイントは消えてしまいます。

しかもクレジットカードによってはポイントの有効期限が1年間だったりして、

「気が付けばポイントが無くなっていた」なんてことがあるんです。

ただ、ライフカードならその点は安心!

基本的なポイント有効期限は2年間となっていますが、ポイントの繰り越し申請をすることで最大5年間まで延長可能なんです。

これならポイントの有効期限を気にすることなく、思う存分ポイントを貯めることができますよ。

学生専用のライフカードもあり

こちらは『学生限定』での話になりますが、ライフカードは学生専用も取り扱っています。

カードの内容は以下の通りです。

学生専用ライフカードの詳細

学生専用ライフカード
年会費 無料(卒業後も無料)
入会資格 満18歳以上満25歳未満(高校生不可)
大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中の方のみ
国際ブランド MasterCard
VISA
JCB
限度額 5~30万円
付帯保険 カード会員保障制度
海外旅行傷害保険
ポイント還元率 0.50%~1.50%
ポイント有効期限 最大5年間
電子マネー iD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco

ライフカードと学生専用ライフカードの違いはズバリ『海外旅行傷害保険』が付いているかどうか。

海外旅行傷害保険があると旅行中のケガや病気の治療費を補償してくれますから、いざという時に頼りになりますよ。

このように学生専用に作られたクレジットカードがあるライフカード、卒業後も年会費は無料となっていますから学生のうちに作っておいたほうがお得です。

ライフカードのデメリットも確認しよう

ライフカードはメリットだけではなくデメリットも存在します。

この記事ではメリット・デメリット両方をご紹介することで、ライフカードについてより詳しくなっていただくのが目的ですから、分け隔てなくデメリットもご紹介していきますね。

ETCカードを利用してもポイントは増えない

クレジットカードと一緒に発行することができるETCカード。

他のクレジットカード会社であればETCの利用料金もポイントの対象なので、ETCを利用した分だけポイントが貯まります。

しかしライフカードの場合は、どんなにETCカードを利用してもポイントは1ポイントも付きません。

車に乗る機会がない人にとってはデメリットとなりませんが、よく高速道路を利用する人にとっては大きなデメリットになりえるでしょう。

ポイント還元率自体は特別優れているわけではない

入会後1年間や誕生日月だとポイントが1.5倍や3倍にもなるので”お得”ですが、実は素のポイント還元率自体は特別優れているわけではないです。

なのでポイントが多くもらえない月だと、他のクレジットカードと貯まるポイントの差はほとんどありません。

ただそれは年間50万円以上ライフカードを使用しない人の話で、年間50万円以上ライフカードを利用する人だとポイント還元率は常に1.5倍になりますよ。

まとめ

ライフカードのメリット・デメリットについてご紹介しました。

この記事を読んでライフカードに付いての知識が深まり

「ライフカードを申し込んでみようかな」と思っていただけたら幸いです。

特に学生の方なら学生専用ライフカードを使うことができるので、申し込みをするなら学生のうち、それも早いほうが断然お得になっていますよ。

 

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!