楽天カードの年会費は無料?ずっと無料で有料になることは無いのか調べてみました!

楽天カードの年会費は無料?ずっと無料で有料になることは無いのか調べてみました!

「年会費永年無料」を大々的にアピールし、多くの人々から愛され続けている楽天カード。

ただクレジットカードの中には高額な年会費がかかってしまうものもある中で、何もせずとも年会費は全部無料です!なんて言われると逆に疑ってしまいますよね。

今回はそんな気になる年会費の問題をスッキリさせるべく、楽天カードの年会費について徹底的に調査していきたいと思います!

年会費無料をウリにしている楽天カードは果たして本当に年会費無料で持てて、有料になることはないのでしょうか!?

楽天カードとは?

楽天カードの年会費が気になってしょうがない!と言う方は多いかと思いますが、もちろん楽天カードはそれ以外の見どころも盛りだくさん。

ですのでまずは楽天カードとはどんなものなのかということを知るためにも、基本の性能や特徴について知っていただきたいと思います!

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

こちらの表は楽天カードの基本情報を簡単にまとめたものですが、これを見ただけでも楽天カードの多彩さが伝わってくるのではないでしょうか?

では引き続き、楽天カードについて詳しく解説させていただきます。

ポイントが貯まりやすく使いやすい!

楽天カード最大の特徴はやっぱり、ポイントサービスの優秀さ。

一般的なコンビニやスーパー、飲食店などどこでもポイントが貯められるので、普段の生活費を楽天カード払いにするだけでとってもお得になるんです!

また一般加盟店で利用した際に貯まるポイントは100円ごとに1ポイントなのに対し、通販サイトの楽天市場での利用はなんと100円ごとに4ポイント。

ちなみに楽天市場は品ぞろえもかなり良いですし生活雑貨や日用品といったものを揃えるのにも重宝しますから、その際に楽天カードで支払いを済ませればあっという間にポイントを貯めることができちゃいます。

しかもカードの利用で貯めたポイントは他のポイントや金券に交換する必要がなく、そのままお店で使えるから使い道にも困りません!

手軽に節約したいと思うのであれば、もはや持たない手はないんじゃないでしょうか。

電子マネー付きの一体型カード

楽天カードは一枚でクレジットカードと電子マネーの「楽天Edy」が両方使える、一体型カード!

しかも楽天カードと楽天Edyはその名前からわかるように相性バツグンの組み合わせとなっています。

じゃあどんな点が相性抜群なのかと言いますと、楽天カードで楽天Edyにチャージをするとクレジットカードと電子マネーの両方にポイントが貯まる、つまりポイントが二重に取れることになるんです!

また電子マネーであればクレジットカードのように暗証番号の入力をしたりサインを書いたりといった手間がかかりませんし、状況によって使い分けられるのもメリットの一つになります。

クレジットカードと電子マネーって一見必要性が感じられないかもしれませんが、実はかなりお得感がアップするということですね。

安心の付帯保険付き

ここまでサービス性に優れていると、ついつい悪いところも探してみたくなっちゃいますよね!

でも楽天カードはやっぱり、他のクレジットカードに不足しがちな付帯保険だってちゃんと付いています。

それも盗難保険や不正利用対策といった基本的なものだけでなく、加入に手間がかかりがちな海外旅行保険まで付帯しているんです。

それにその海外旅行保険はなんと最高2,000万円まで補償してもらえちゃいますので、これさえ入っておけば旅先で何があっても安心できます。

海外旅行に行く機会が多い方であれば、かなりの手間とコストを節約できるはずですよ!

楽天カードは本当に年会費無料なの?

ここまで楽天カードの魅力についてお伝えしてきましたが、嬉しいメリットだらけの楽天カードが年会費無料だとはちょっと信じがたいですよね。

ですのでまずは楽天カードの年会費は本当に無料なのか、その他の維持費は取られないのかなどの疑問を解決していきたいと思います!

年会費永年無料は本当です

結論から言いますと、楽天カードはCMなどで言われている通り年会費永年無料、つまり年会費はゼロ円です!

もちろんこちらは公式サイトにも記載されている確かな情報ですので、楽天カードの年会費に関しては安心して良いでしょう。

また年会費無料のクレジットカードには年会費の他にデータ維持料がかかるものもありますが、楽天カードであればそれらの出費もなく、カードを持つこと自体にはコストがかかりません。

ETCのみ有料だけど…

先ほどお伝えしましたように楽天カードの年会費は基本的に無料です。

しかし実はETCカードも同時に申し込む場合は、ETCカードの年会費が540円ほどかかってしまうことになります。

ETCをよく利用するという方は残念ですが、コストゼロで楽天カードを持ちたいのであればETCカードの申し込みは控えなければいけません。

ただ楽天カード作成後に楽天会員ランクをダイヤモンドやプラチナに上げると、翌年のETCカードの年会費は無料にすることが可能です。

そのためETCカードも無料で持ちたいという方はまずETC無しで申し込んで会員ランクを上げ、その後ETCカードを追加するのが効率的と言えるでしょう。

楽天カードの年会費が有料になることはある?

楽天カードの年会費が無料なのはわかりましたが、将来的に年会費が有料になることも考えられなくはないですよね。

はじめは無料で持てたけどその後有料に…なんて後悔するのは避けたいですから、ここでは楽天カードが有料になる可能性はあるのかどうかお伝えしていきたいと思います。

永年無料は永久無料ではない!

楽天カードの年会費は「永年無料」ですが、実はクレジットカードの年会費には永年無料の他に永久無料というものが存在します。

ではそれらは一体何が違うのかと言うと、永年無料は将来的に有料になる可能性があるのに対し、永久無料は永遠的に無料と定められているのです。

つまり楽天カードは残念ながら永年無料なので、絶対に年会費が有料にならないとは言い切れないということになります。

この事実を知っていると、ちょっと不安になってしまいますよね(^-^;

有料になる可能性は低い

皆さんの中には、「楽天カードの年会費が有料になる可能性があるとは言っても、今まで無料だったんでしょ?」と考える方も多いんじゃないでしょうか?

確かにそれなら、あまり不安になることもありませんよね。

でも実際楽天カードは2009年に一度、年会費無料から有料になったことがあるんです…。

「えっ!?」って感じですよね(笑)。

ただその際はおよそ1週間程度で無料に戻されたようですし、問答無用で有料という訳でもなく初年度無料、さらに次年度以降も1年以内に1度でもカードを利用すれば無料という優しいものでした。

楽天カードの年会費は未だに永久無料にはなっていないものの、このことを考えるとまた有料になるなんてことは考えにくいんじゃないでしょうか?

まとめ

今回は楽天カードの年会費について調査してみましたが、いかがでしたでしょうか。

楽天カードは永久無料ではないということで若干の不安要素は残るものの、将来的に有料になる可能性はほとんどないと言っても過言ではありません。

またもし有料になったとしても、おそらく対象となるのは新規会員のみでしょうから、今楽天カードを作っておいても損することはないかと思います。

そう考えるとやはり楽天カードは年会費以上のクオリティを発揮できていることになりますので、もしも楽天カードを持ちたいと考えているのであれば是非、この機会に申し込んでみることをおすすめしますよ!