楽天カードはポイント還元率がめちゃくちゃ高い!得する楽天カードの使い方

楽天カードはポイント還元率がめちゃくちゃ高い!得する楽天カードの使い方

楽天カードと言えば還元率が非常に高いことで有名で、誰でも持ちやすいので日本で人気のクレジットカードです。年会費無料のクレジットカードではトップクラスの還元率といってもいいでしょう。

しかし、そんな楽天カードの効果をあなたは最大限に引き出しているといえますか?

きっと楽天カードを持っていても、最大限にお得な使い方が出来ている人は多くないはずです。

そこで私が楽天カードでより多くのポイントを貯めて、高還元率をたたき出す方法を紹介しちゃいます。

楽天カードの特徴

まだ楽天カードを持ったことがない人のために改めて楽天カードの内容から見ていきましょう。

楽天カード 楽天カード
入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 100万円
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:4.00%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:­-
楽天カードボタン

入会費無料で18歳以上の学生でも作ることが出来ます。入会資格が学生可のクレジットカードは他にもありますが、楽天カードはバイトやパート、親の支払い見込みでも審査が通るのでカード初心者におススメです

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つでどれも国内だけでなく、世界で通用するブランドなので海外旅行にいった場合でもメインカードとして安心して利用出来ますよ。

それでは楽天カードが持つ詳しいサービス内容を見ていきましょう。

ポイント還元率

楽天カードと言ったら何といっても還元率です。まず基本ポイント付与率が100円→1ポイント=付与率1%ととても高いです。

この付与率はどこで楽天カードを利用しても変わらない最低限の数字なので、楽天カードがポイントを貯めやすいカードと言われる理由にもなります。

さらに楽天市場を利用することでなんと貰えるポイントが4倍になるんです。

そしてポイント付与率より大事なポイント還元率ですが、楽天カードでは貯まったポイントを1ポイント→1円換算で各商品との交換や割引に使えます。

ですから還元率で言えば、常に最低でも1%になるんです。さらにここからボーナスポイントなどを加えながらうまく楽天カードを使うことで、還元率をどんどん上げることが出来ます。

利用可能電子マネー

楽天カードには電子マネー機能も付帯されていて、楽天Edyを使うことが出来ます。どうせクレジットカード払いするから電子マネーは使わないと思う人もいるでしょう。

しかし、楽天Edyを利用することでもポイントが貯められるんです。また細かな小銭での支払いにも電子マネーは便利な機能ですよ。

マイル変換

楽天カードで貯めたポイントは1ポイント=0.5マイルでANAマイルにも交換出来ます。ですからポイントが貯まりやすい楽天カードは、マイルを貯めるカードとしてもおすすめなんです。

貯まったマイルで航空券と交換することで国内旅行はもちろん、海外にだって行けちゃう可能性があります。

ちなみに楽天カードを持っていれば2017年8月にハワイでオープンした楽天ラウンジ「ワイキキ T ギャラリア 」を無料で利用できますよ。

楽天カードの還元率を上げるためのポイントの貯め方

基本ポイントは100円で1ポイント貯められますが、もっとポイントを貯めて高還元率を得るための楽天カードの使い方を紹介しましょう。

楽天市場を利用で還元率4%!

楽天カードを利用する上で一番基本となる使い方です。楽天市場でのショッピングを楽天カードで支払いすると、100円→4ポイントと通常の4倍ポイントが貰えるので還元率は4%にもなります。

今や買いたいものが何でも揃うといっても過言でないネットショップなので、欲しいものが楽天市場にないかまず確認するようにしましょう。

ガソリンを入れるならENEOSで楽天カード支払い

楽天市場ほどではありませんが、楽天カードポイントが通常より多く貰えるお店や施設は多く存在します。

その一つがENEOSのガソリンスタンドで、貰えるポイントが2倍(100円→2ポイント)になるんです。

だいたい普通乗用車であれば月平均ガソリン代1万円なので、ひと月で200ポイント貯まり、1年なら2400ポイントも貯まります。

いつも利用するガソリンスタンドをENEOSにしてカード払いするだけで還元率が2%になるのでとても有効的な楽天カードの使い方です。

SPUを使って楽天カード還元率を4倍以上に!

楽天カードの還元率は楽天市場を使った時の4%が最高と思われがちですが、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を使えばもっと還元率を上げることが出来ます。

SPUとは楽天グループの各サービスを利用することで、貰えるポイントが常に上がっていくプログラムです。

ポイント上昇のサービスは下記の通りです。

  • 通常購入分1倍
  • 楽天カード利用で+2倍
  • 楽天プレミアムカードor楽天ゴールドカード利用で+2倍
  • 楽天モバイル通話SIMの利用で+2倍
  • 楽天トラベル対象期間に利用で+1倍
  • 楽天市場アプリで月に1回以上購入すると+1倍
  • 楽天ブックスか楽天Kobo月に合計1,000円以上購入で+1倍
  • 楽天ブランドベニュー月1回以上購入で+1倍
  • 楽天TVのNBA Special加入・契約更新で+1倍
  • 楽天ビューティー月1回1,500円以上の利用で+1倍

楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード特典は除くとしても、上記のサービスをすべて利用すれば13倍となります。

楽天カードを使うなら絶対にSPUは活用しましょう。

楽天カードのポイント還元先

楽天カードはポイントが貯まりやすく、還元率も高いことが分かったところで貯まったポイントは何に交換出来るのかを見ていきましょう。

例え還元率が高くても還元先が魅力的でなかったら意味がありませんからね。

楽天Edyに変えて全国40万以上のお店で利用可能に

楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントは正直いって還元先の幅は広くありません。そこでポイントの交換先として一番使いやすいのが電子マネーである楽天Edyです。

楽天Edyであれば全国40万箇所以上のコンビニや飲食店、レジャー施設と使える幅が一気に広がるので、特にこれといった欲しい還元先の商品がない場合は楽天Edyと交換するのがベストでしょう。

楽天グループ利用時の割引に

毎日のように楽天市場など楽天グループのショップを利用している人なら、貯まったポイントをそのまま購入時割引に使ったほうが簡単です。

どの商品を買っても1ポイント→1円価値として割引に使えるので還元率が低くなる心配はありません。

楽天市場でポイントを貯めて、貯まったポイントでまた買い物をしてと楽天ショッピングを楽しみましょう。

ANAマイルと交換

電子マネーにも割引にも使わず、「はじめからマイルを貯めるのが目的だ!」という人もいるでしょう。

ポイントをマイルにすると、1ポイント→0.5マイルとなるので還元率が下がると思うかもしれませんが、貯まったマイルを航空券と交換すると1%以上の還元率は見込めますよ。

また楽天カードには海外旅行保険が付帯されているので、貯まったマイルでANA航空券と交換して海外旅行というのも楽天カードの有効な使い方です。

まとめ

楽天カードは普通に使っていてもポイントが貯まりやすく、還元率も高いクレジットカードです。

しかし今回、紹介した使い方をすれば今まで以上にポイントを貯めることが出来て、還元率もグッと上がる本当にお得なカードに変身します。

せっかく楽天カードを使うなら、楽天市場を利用した還元率4%はもちろんのこと、もっとそれ以上の還元率5%、6%を目指してみませんか?

楽天カードを最大限にお得に使えるようになれば、貯まったポイントで今まで欲しかったものがタダで手に入るかもしれませんよ。

まだ力を発揮していない楽天カードをお持ちの方はその力を解放させてあげてください。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!