カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


アメリカン・エキスプレス・グリーンカードのポイントはマイルへの移行がもっともお得!その理由と賢い貯め方・移行方法

誰もがあこがれを抱く高ステータスなアメックス・グリーンカード。

そんなアメックスカードのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」は、100円単位でポイントになるので無駄なく貯めることができるんです。

そして貯めたポイントの使用方法もさまざま。

その中でもマイルへの移行がもっともお得とされています。今回はその理由を調べてみました。

また、ポイントの賢い貯め方や移行方法も紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・グリーンカード
年会費 12,000円+税
入会資格 20歳以上の定職がある方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.333%(100円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:0.40%(国内一般加盟店 日本旅行購入時割引)

ポイント有効期限 3年

※別途サービス加入で無期限に

利用可能電子マネー 楽天Edy・SMART ICOCA・モバイルSuica
マイル還元率 ANA:2000ポイント=1000マイル

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードのポイントプログラムについて

マイルへの移行のお話しの前に、まずはアメックス・グリーンカードのポイントプログラムについておさらいしていきましょう。

100円=1ポイント貯まる

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」は、100円ごとに1ポイント貯まるシステムです。

月間の利用合計金額ではなくカードの利用1件ごとにポイントの換算が行われます。

選べる豊富なポイント使用方法

貯めたポイントは、マイルや提携ホテル・ポイントプログラムへの移行、各種利用代金への充当、商品券などのアイテムや体験に交換などに使用することができます。

一度交換するとポイントの有効期限が無期限に!

ポイントの有効期限は通常最大3年間

しかし一度でもポイントの交換を行うと、有効期限が無期限になります。

ちなみにこれはマイルへの交換にも有利に!

ポイントが無期限ということは、ポイントをじっくり貯めてからマイルへの交換ができるのでマイラーにとってはとても使い勝手のいいサービスと言えるんですね。

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードのポイントはマイルへの移行がおすすめ!

ではなぜ貯めたポイントをマイルへ移行するのがおすすめなのか見ていきましょう。

2,000ポイント=1,000マイルで0.5%の還元率

他の提携ポイントプログラムや商品券の交換などにポイントを使用した場合の還元率が0.33%~0.4%となるのに比べ、マイルへの移行を行った場合には2,000ポイント=1,000マイルとなるので0.5%の還元率!

ですから、マイルへの移行がもっともお得なんです。

15の提携航空マイルへの移行可能

貯めたポイントはANAをはじめとする15の提携航空マイルへ移行することができます。

ANA チャイナエアライン デルタ航空
ヴァージン・アトランティック航空 タイ航空 キャセイパシフィック航空
シンガポール航空 ブリティッシュ・エアウェイズ スカンジナビア航空
アリタリア-イタリア航空 フィンランド航空 エティハド航空
エミレーツ航空 カタール航空 エールフランス/KLM航空

上記15の提携航空へのマイル移行が一律で2,000ポイント=1,000マイルとなります。

メンバーシップ・リワード・プラスへ加入すると…

ちなみに、アメックスには「メンバーシップ・リワード」のほかに「メンバーシップ・リワード・プラス」があります。

メンバーシップ・リワード・プラスは、年間参加登録費3,000円(税抜)を支払うことでポイントの換算レートがUPするオプションです。

このオプションに登録すると、

  • ANAマイルへの移行:通常2,000ポイント=1000マイル⇒1,000ポイント=1,000マイル
  • そのほか提携航空マイルへの移行:通常2,000ポイント=1000マイル⇒1,250ポイント=1,000マイル

と、とってもお得に交換することができちゃうんです。

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードでマイルを賢く貯めるには?

ではアメックス・グリーンカードの利用でポイント=マイルを賢く貯める方法を紹介していきます。

日常よく利用する料金をカード支払いに

まずは日常よく利用するコンビニやスーパーでの買い物、電気やガスなど毎月かかる公共料金の支払いにアメックス・グリーンカードを使用することです。

なにげなく現金で払っているいつもの支払いをカード払いにするだけで、無駄なくポイントを貯めることができるんですよ。

ボーナスポイント・パートナーズ対象提携店を使う

もうひとつはレストランやショッピングセンターなどのボーナスポイント・パートナーズ対象提携店を利用することです。

ボーナスポイント・パートナーズ対象提携店の一部と、それぞれの獲得ポイントを載せておきます。

ボーナスポイント・パートナーズ対象提携店 獲得ポイント
高島屋オンラインストア 100円=2ポイント
じゃらん 100円=2ポイント
かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠 100円=5ポイント
FLYMEe (フライミー) 100円=5ポイント
ロワジール スパタワー 那覇 100円=10ポイント
Blanc (ブラン) 100円=10ポイント

上記のように、対象提携店でカードを利用すると、通常の2倍~5倍、店舗によっては10倍のポイントを獲得することができちゃうんです。これを使わない手はありませんね。

ぐるなびのネット予約を利用する

レストランや居酒屋などの飲食店の予約ができる、ぐるなびのネット予約対象店舗への予約・来店でもポイントを貯めることができます。

ネット予約対象サービスは下記のとおりです。

ぐるなびネット予約 ぐるなびスーパーらくらく幹事さん こちら秘書室

アメックス・グリーンカードのカード番号を登録して利用すると、来店人数×100ポイントが貯まります。

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードのポイントをマイルへ移行する方法は?

最後に、アメックス・グリーンカードで賢く貯めたポイントをマイルへ移行する方法を紹介していきます。

ANA:「メンバーシップ・リワードANAコース」への登録

ANAマイルへの移行は、年会費5,000円(税抜)の「メンバーシップ・リワードANAコース」というポイントを移行するコースへの登録が必要となります。

年間80,000マイル(カードの利用額に換算すると800万円相当)を上限にANAマイルへの移行が可能となります。

オンライン・サービスにログインし、メニュー選択・情報入力・移行ポイントの申請を行ってください。

ちなみにこのポイント移行コースはマイルの移行の際に申し込めばいいものなので、不要になった場合は手続きを解除すれば余分にお金はかかりません。

手続きをせずそのままでいると自動継続になってしまうので注意しましょう。

各提携航空:各提携航空パートナーへの登録

そのほか各提携航空マイルへの移行には、各提携航空パートナーへの登録が必要となります。

オンライン・サービスにログインし、メニュー選択・情報入力・移行ポイントの申請を行ってください。

初回のポイント移行日数は2週間

初回のポイント移行にかかる日数は、ANA、各提携航空いずれも2週間以内に完了します。

2回目以降は、

  • ANA:5営業日以内
  • 各提携航空:書く提携航空パートナーのよって異なる

となります。

まとめ

アメックス・グリーンカードのポイントをもっともお得に使う方法は、還元率の高いマイルへ移行すること!

ポイント交換を一度でも行えば有効期限が無期限になるので、マイルもじっくりと貯めることができるんです。

これは旅行をよくするマイラーさんには特におすすめです。賢くじっくり貯めたポイントを、無駄なく上手に使いこなしてくださいね。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!