楽天カードの作り方は?楽天カードを作るのに必要なものや新規で作成する際の流れをご紹介

楽天カードの作り方は?楽天カードを作るのに必要なものや新規で作成する際の流れをご紹介

今や日本で一番使われているクレジットカード、とまで言われるほど人気の高い楽天カード。

しかもその勢いは未だ留まることがありませんから、これから申し込みたいと考えている方もおおいことでしょう。

ただネットからの申し込みが不安だったり、そもそもクレジットカードを作るのが初めてだったりすると、カード作りもなかなか不安なものですよね。

そこで今回は、初めての方でも簡単にできる楽天カードの作り方をご紹介していきたいと思います!

楽天カードの申し込みに必要なものから、作り方の詳しい流れまで徹底的に調査してみましたので、是非参考にしてみてくださいね。

楽天カードとは?

では作り方の説明に入らせていただく前に、楽天カードの基本知識を身に着けていただきたいと思います!

今回は以下の表に詳しい性能や機能性について簡単にまとめてみましたので、まずはこちらから見ていきましょう。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

クレジットカードを選ぶ上で重要になる年会費や入会資格、国際ブランドなどの項目を見てみると、多くの人々のニーズに応えるような姿勢が窺えますね。

流石は顧客満足度ナンバーワンといったところでしょうか。

ただ上記の表を見ただけでは楽天カードの魅力を十分に感じることはできないかと思いますので、ここからは楽天カードの特徴をより詳しく深く、ご紹介させていただきます!

年会費は永年無料だから負担がかからない!

クレジットカードの年会費って、思っていたよりもなかなか元が取れず無駄な出費になりがちですよね。

でも楽天カードの場合は初年度以降も年会費がかからない「年会費永年無料」なので、知らず知らずのうちに損をすることもありません。

また年会費無料を謳っているクレジットカードの中には年に何円以上の利用で無料、というような条件付きのものも多いですが、楽天カードはそんな煩わしい条件も無し。

何の手間もお金もかけずに持てるクレジットカードなんです!

ただ追加でETCカードの申し込みもしたいという場合だけはETCカードの年会費である540円が発生してしまいますので、その点には注意しておいてくださいね。

職種に関わらず審査に通りやすい

楽天カードは審査の通りやすさに定評があるカードです。

では実際どれくらい審査が通りやすいのかと言いますと、収入の無い専業主婦や学生、極めつけは就職していない方でも持てるなんて言われているほど!

一般的なクレジットカードは収入がゼロだとなかなか審査通過するのが難しいですから、やはり楽天カードの審査は優しめと考えていいでしょう。

そのため職種や年収など自身のスペックに自信が無い方や、クレジットカード初心者だという方でも楽天カードなら安心して申し込むことができますよ!

利便性に優れた電子マネー付き

最近のクレジットカードは何かしらの電子マネーが一体となったものが多いですが、楽天カードももちろん例外ではありません。

というか楽天カードの場合は同じく楽天系の電子マネーである「楽天Edy」が相棒なので、他のクレジットカード達よりも相性は抜群なんです!

特に楽天Edyに残高チャージをする際は、楽天カードで支払いをすると両方にポイントが貯まるため、かなり効率的な二重取りをすることができます。

それに何より電子マネーには、ピッとするだけですぐに支払い完了できちゃう手軽さがありますし、わざわざ小銭を持ち歩く必要も無くてお財布がスッキリしますよね。

ちなみに私もその快適さにすっかり魅了されているので、コンビニで買い物をする際なんかはもっぱら電子マネーで支払いをしています(笑)。

でもやっぱり電子マネーだけだと支払いに困る場面もありますし、クレジットカードと一体になっているというのは大きいんじゃないでしょうか。

クレカと電子マネーを快適に使い分けたいのなら、圧倒的に楽天カードがおススメです!

楽天カードを作るのに必要なものは?

では楽天カードについてよく知っていただけましたところで、ここからはいよいよ楽天カード作成への道のりについてお伝えしていきたいと思います。

と言ってもカードを作るにはまず下準備が必要になりますから、まずは申し込み時に必要になるものを確認していきましょう!

楽天IDは必須

楽天カードを作るのなら、まずは楽天会員になってIDを取得する必要があります。

と言っても楽天IDを取得するのは自身の氏名とメールアドレスのみなので、登録するだけならものの数分で終わらせることができるでしょう。

また楽天IDは楽天系のサービスや楽天市場などを利用する際にも使用しますので、自身がログインしやすくなるべく忘れないようなID、パスワードにしておくことをお勧めします!

免許証のコピーや印鑑は必要ナシ!

通常クレジットカードの申し込みにはたくさんの個人情報が必要になりますが、楽天カードであれば免許証のコピーを送付したり印鑑を押したFAXを送ったりといった手間は一切ありません。

つまり先ほどお伝えした楽天IDさえあれば、それでOKなんです!

事前に色々用意するのは面倒ですから、こういった配慮があるのは嬉しいですよね。

ただ楽天カードが発行されて自宅に届いた際は本人確認のために身分証の提示が必要になる場合がありますので、その点だけは覚えておくと良いでしょう。

楽天カードを新規作成する際の流れ

では申込前に用意しておくべきものもわかったところで、いよいよ申し込む際の詳しい流れを確認していきたいと思います。

基本は簡単5ステップ!

楽天カードの場合、以下5つの段階を経て発行へと至ります。

  • 楽天カード公式サイトから申し込み開始
  • 専用の申し込みフォームへ入力
  • 入力した情報の送信
  • 審査通過
  • 発行

たったこれだけ!

つまり公式サイトの申し込みフォームへ必要事項を入力して送信すれば、あとは審査の結果を待つだけなんです。

これならネットでの申し込みが初めての方や、カードを持ったことが無い方でも簡単に楽天カードの申し込みができそうですよね。

しかも楽天カードは他のクレジットカードよりも審査結果が出るのが早く、発行までの流れも非常にスムーズになります。

申し込みがすぐにできて審査も早めなのは、なかなか嬉しいポイントなんじゃないでしょうか?

在籍確認などがある場合も

基本的に楽天カードが発行されるまでの流れは先ほどのようになりますが、場合によってはその前に在籍確認があることもあります。

また未成年が申し込む場合ですと必ず親権者の方に確認の電話が来ますので、あらかじめその旨は伝えておきましょう。

まとめ

楽天カードの申し込みは、初心者でも問題なくできるほどシンプルです。

また審査や発行、カードの送付といったものも全てスピーディに行われることが多いですから、長い間不安を感じる必要もありません。

それに冒頭でもお話させていただいた通り、楽天カードは年会費無料の枠を超えるほどの性能を備えているカードです。

そのため既に他のカードを持っている方やそうでない方でも、機能性に関しての不足を感じることはないでしょう。

ですからもしこれから楽天カードを持ちたいと考えているのであれば、是非この機会に申し込みをしてみることをおすすめしますよ!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!