カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


楽天カードで審査落ちすることはある?審査が通りやすいって本当?

楽天カードで審査落ちすることはある?誰でも持てるほど審査がぬるいのは本当か調べてみた!

クレジットカードを申し込むあたって、一番の不安要素になると言っても過言ではないのが「カード審査」。

ひとたび審査に落ちてしまえばカード選びやら何やらが全て水の泡と化してしまうことから、審査の緩いクレジットカードを探している方も多いことでしょう。

そこで今回は、「スナイパーでも審査に通る」なんていう噂があるほど審査の通りやすさに定評のある、楽天カードに注目して調査していきたいと思います。

果たして誰でも持てそうなイメージのある楽天カードは本当に、審査落ちすることはないのでしょうか?

楽天カードとは?

では本題に入る前に、まずは楽天カードの基本知識を身に着けていきましょう!

詳しい内容については以下の表にまとめさせていただいたので、こちらから見てみてくださいね。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

楽天カードのCMでは楽天カードマンが「年会費永年無料!」と言っていましたが、公式サイトを確認してみてもしっかりと書かれていたので安心。

それ以外の項目も、まさに痒い所に手が届くって感じですよね!

ではここからは、上記の表の内容からいくつかの特徴をピックアップしてさらに詳しく解説していきたいと思います。

ポイントが貯めやすいから節約になる!

楽天カードを語る上で第一に伝えたいのが「ポイントの貯めやすさ」。

まず楽天カードが利用できる一般のお店で支払いをした場合に貯まるポイントは1%、つまり100円につき1ポイント貯まることになります。

実はこれだけでも楽天カードは大分優秀なのですが、それよりも特筆すべきは楽天市場での利用です!

と言うのもなんと楽天カードであれば、楽天市場でただカード払いするだけで還元率が1%から4%にまで上昇するため、実に3%分が自動的に加算されることになります。

日頃から楽天市場を利用しているという方からすれば、楽天カードを利用するだけでかなりの節約になるんじゃないでしょうか?

国際ブランドが自由に選べる

クレジットカードの国際ブランドに何らかのこだわりがある方にとって、好きな国際ブランドを選べること、は大きなメリットになるはず。

でも国際ブランドだけに注目してカードを探すのも、ちょっと損をしてしまいそうですよね。

しかし楽天カードであればVISA、JCB、MasterCardの3つの国際ブランドから選択することが可能なので、国際ブランド選びに困ることも妥協する必要もありません。

またJCBとMasterCardのいずれかを設定すると、VISAでは選べない「お買い物パンダデザイン」や「楽天イーグルスデザイン」などといった限定デザインが選択可能になるというメリットもあります。

ブランドごとの特徴が顕著に表れるのも、面白い要素と言えるんじゃないでしょうか!

ポイント有効期限は実質ナシ!

先程の表を少し振り返ってみると楽天カードのポイント期限は「1年間」となっていますが、実はコレ、実質無期限にできます。

と言うのも実はこの楽天カードのポイント、一度貯めたタイミングから1年以内に一度ポイントを獲得すれば、はじめに貯めたポイントの有効期限がさらに1年間延長されるシステムだからなのです。

つまりたま~に楽天カードで支払いをしてさえいれば、ポイントが失効する心配はそうそうないということになります。

ポイントを長く貯めておきたい方やポイントの存在を忘れがちな方でも安心できるのは大きいですよね。

ボタン

楽天カードの審査はどんな感じ?

では楽天カードについて振り返り終わったところで、いよいよ気になる楽天カードの審査形態についてお伝えしていきたいと思います。

楽天カードの審査について

気になる楽天カードの審査難易度について見てみましょう。

審査条件に関していうと「高校生以外の18歳以上で日本に住んでいること」のみです

他のクレジットカードだと申し込み条件が複数あるものがほとんどですから、その点楽天カードは条件を達しやすくなってますよ。

また、審査自体もクレジットヒストリーを重視しており、信用のできるものであれば問題なく通過できるものとなっています。

入会資格がひとつのみ

先ほどお伝えしたように楽天カードの入会資格は「高校生以外の18歳以上で日本に住んでいること」しか書かれていません。

クレジットカードはものによっては年収の制限があったり未成年NGだったりする中で、縛りが少ないというのはなかなか高ポイントなんじゃないでしょうか!

楽天カードをほしいと思った方はぜひ申し込んでみるといいですよ。

楽天カードの審査に落ちることはある?

楽天カードの審査の通りやすさわかりましたが、就職していないだろうがなんだろうが誰でもクレジットカードが持てる、だなんて普通ならありえませんよね。

ですから最後は、実際に楽天カードの審査に落ちている方はどれくらいいるのか、そもそも落ちることはあるのかといった質問を解決していきたいと思います。

落ちる可能性はゼロじゃない

ここまでの内容だとなんとなく、誰でも受かりそう…という印象を抱いている方も多いかと思います。

しかし楽天カードもれっきとしたクレジットカードですから、審査落ちすることも残念ながらあるのです。

特に以下に当てはまるような方は審査に落ちる可能性が高くなります。

  • 過去に支払い遅延や滞納をしたことのがある
  • 楽天市場で注文のキャンセルなどをしたことがある
  • 借金やカードローンを利用しすぎている
  • 過去6ヶ月以内にカード申し込みをしている

落ちる可能性はあると言っても、基本的には何らかのトラブルを抱えていなければ問題なさそうですね。

落ちてもすぐ申し込んではいけない!

受かるつもりでカードの申し込みをしたのに落ちてしまうと、すぐに再挑戦したくなることもあるはず。

でも実はそれ、一番NGな行動なんです!

何故かと言うとクレジットカードの申し込み履歴というのは楽天カードに限らず、全てカード会社に共有されてしまうため。

しかもその履歴は6ヶ月の間消すことはできないので、その期間中にすぐ申し込みをすると「この人お金に困ってるんだな~」と思われてまたまた落とされてしまいます。

いわゆる「申し込みブラック」というやつですね。

円満にカード作りをするためにも、審査落ち直後の申し込みは控えるようにしましょう。

まとめ

楽天カードの審査は他のクレジットカードと比べると優しく、結果が出るのも比較的早いです。

また受かる可能性は100%ではありませんが、とにかく受かることが大事と考えるのであれば楽天カードのようなカードを選ぶことが賢明と言えるでしょう。

それにもちろん楽天カードであれば審査の通りやすさ以外にもたくさんのメリットを感じることができるはずですから、カード選びに悩んでいるのであれば是非思い切って、申し込みをしてみることをおすすめしますよ!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!