楽天カードを就職していない人が持つ際の限度額は?就職していなくても作れるけどキャッシング枠はNG!

楽天カード 無職

審査が通りやすいと有名なことから、就職していない人や専業主婦の方などに大人気の楽天カード。

しかし実際に就職していない人でクレジットカードを持つとなった時に気になるのが、カードの「限度額」ではないでしょうか?

そこで今回は、就職していない人の皆さんが気になる楽天カードの限度額からキャッシング枠の疑問まで徹底的に調査し、解決していきたいと思います。

もしこれからクレジットカードを作ろうと考えているのであれば、是非参考にしてみてくださいね!

そもそも楽天カードって?

楽天カードは就職していない人でも持ちやすいらしい、と聞いたことはあっても、実際に楽天カードがどんな性能を備えているのか知っている方は少ないはず。

という事でまずは楽天カードの基本性能をまとめた表を元に、カードのおおまかな内容について見ていきたいと思います!

早く本題に入って!なんていう風に思うかもしれませんが、「急いては事を仕損じる」なんて言葉もありますから、まずはしっかりと基本を押さえていきましょうね。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

楽天カードの入会資格は「高校生以外の18歳以上で日本在住の方」とのことですから、特に就職していない人でも問題はなさそうですね。

それでは引き続き、楽天カードの詳しい特徴などについて解説させていただきます。

年会費永年無料で損知らず

テレビなどで楽天カードのCMを見たことのある方は既にご存知かと思いますが、楽天カードは年会費が「永年無料」のクレジットカードです。

そのためカードを持つ際にわざわざコストをかける必要の無い、お財布に優しいシステムとなっています。

また数多くのクレジットカードの中には当然年会費無料のものもたくさんありますが、それらのカードにクオリティを求めるとすると、勝ち残れるカードはごくごく一部です。

楽天カードはそれらの無料カードを差し置くどころか、高額な年会費がかかるカードすら圧倒するほどのコスパを実現しています。

そのため楽天カードは出費が惜しい就職していない人はもちろんのこと、クオリティの高いクレジットカードを持ちたい方にもお勧めできる一枚なんですよ!

便利な電子マネー付き

楽天カードはクレジットカードでありながら、電子マネーの楽天Edy機能も同時に備わっている一体型カードです。

そのため高額な買い物をする際はクレジットカード払い、サインや暗証番号の入力が面倒な場合は電子マネー払い、といったように、シーンごとに機能を使い分けることができます。

ただどちらも支払いに利用するという点では同じなので、特に電子マネーに対する必要性を感じない方もいらっしゃるかもしれません。

しかしちょっとしたお買い物で電子マネーを利用すれば小銭いらずですし、1枚のカードで2枚分の役割が担えるのでパンパンになりがちなお財布をスッキリとさせることも可能なんですよ!

また楽天カードを利用して楽天Edyにチャージをするとそれだけでポイントを貯める事ができるため、お得感に関してはかなりのものと言えるんじゃないでしょうか。

ポイントが貯まりやすく使いやすい!

楽天カードと言えばポイント!

と言っても過言ではないほどに、楽天カードはポイントサービスに優れています。

まずカードが利用できるお店であればどこでもポイントが貯められるのはもちろん、ネットショッピングサイトの楽天市場でお買い物をする際はなんと、100円利用ごとに4ポイントももらえちゃうんです!

しかも貯まったポイントはわざわざ何かに交換する手間が無くそのままお店で使えるので超便利。

クレジットカードの中にはポイントが貯まっても使い道が制限されるものもありますが、楽天カードならポイントの使い勝手は抜群ですし、せっかく貯めたポイントを無駄にする心配もなくて安心なんですよ!

楽天カードを就職していない人が持つ際の限度額は?

では楽天カードについて詳しくなったところでいよいよお待ちかねの、「限度額」について迫っていきましょう!

就職していない人でも持ちやすくメリットの多い楽天カードは、果たして限度額に関しても申し分ないのでしょうか?

最低は10万円から

楽天カードの公式によると、ショッピング枠の利用可能限度額は10~100万円とされています。

ただカードの限度額というものは個人の年収や勤続年数などに影響しますから、収入のない就職していない人の場合は、最低金額の10万円に設定されることが多いでしょう。

しかし就職していない人でも収入欄や職業欄の書き方によっては限度額が上がることもありますので、一概に10万円だとは言えないかもしれません。

だからと言って嘘を書けという訳では無いですが、ネットなどでのちょっとした収入なんかがある場合は就職していない人でなく自営業と記入して申し込みすると、審査通過の可能性が上がると共に、初期限度額を上げることも可能になるかもしれませんよ。

増枠はできないこともない

収入の少ない就職していない人ですとやはりマイナスのイメージが強いので、限度額の増枠は難しそうな気がするかもしれませんが、過去のクレジットカードやローンなどの支払いを滞りなくできていれば、増枠不可とも言い切れません。

ただそれが言えるのは永久的な増枠でなく一時的な増枠のみになる可能性が高いので、あくまで奥の手と考えた方が良いでしょう。

就職していない人は楽天カードのキャッシング枠を設定できない?

では続いて、いざという時に便利なキャッシングについての疑問を解決していきたいと思います。

就職していない人はどれほどのキャッシング枠が用意されるのか、はたまた利用すること自体できないのか、その真相はいかに!

キャッシング枠を利用するのは難しい

まず結論から言いますと、就職していない人がキャッシングを利用するのは基本的に困難。

そう聞くと残念がってしまうかもしれませんが、これは就職していない人に限らず、収入が不安定な方全てに言える事です。

ただキャッシングは便利な反面、高い金利がかかってしまうものでもあります。

ですからなるべく損をせず安心してカードを使っていきたいというのであれば、いずれにしろキャッシングの利用は控えた方が賢い判断なのです。

場合によっては通る可能性も

先ほど就職していない人だとキャッシングは利用できないとお伝えしましたが、実は就職していない人がキャッシングを利用できる可能性自体はゼロではありません。

じゃあどうすれば利用できる可能性が上がるのかと言いますと、これは限度額の増枠と同様に、クレジットカードやローンなどの支払い状況を良好にしておくことが重要になります。

つまり低所得だろうが就職していない人だろうが、長い間支払いができているのであればカード会社は信用してくれるというわけです。

ただやはりクレジットカードの審査において重要となるのは勤続年数や年収などですので、必ずしもキャッシングが利用できるようになるとは限らないということを覚えておいてくださいね。

まとめ

いくら審査が通りやすい楽天カードと言えども、やはり収入がないと限度額も低くなってしまいます。

ただ他のクレジットカードですとそもそもカードが持てないことの方が多いですから、その点ではやはり、楽天カードは就職していない人に優しいカードだと言えるでしょう。

また楽天カードは審査が緩い以外にも、就職していない人にとって嬉しいポイントがたくさんあるカードでもあります。

また楽天カードは初期の限度額さえ低いかもしれませんが、楽天カードはコストのかからないカードです。

地道に使い続けてカードの利用実績を積んでいくも良し、サブカードとしてネットショッピング用などにしても良しなど、自分の好みに合わせた使い方ができるはずですから、悩んでいる方は是非、申し込みをしてみることをお勧めしますよ!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!