エポスカードは無職の人でもカード審査に通ることが可能なのか?審査に通るコツは?

エポスカードはカード審査がとてもゆるいことで知られています。入会資格が大学生でも可となっていて、今までクレジットカードを持ったことがない人でも作れて、本人に収入がない専業主婦まで作ることが出来るカードなんです。

そこで一つの疑問。「無職でもエポスカードの審査は通るのか?」

普通に考えれば、カード利用してもその利用分の支払いが見込めない無職の人は、エポスカードに限らずクレジットカードの審査に通らないです。

しかし、カード申込本人に支払い能力がなくてもカード審査を通過できるクレジットカードが実際に存在します。

ではエポスカードはどうなのか?その謎に迫ります!

エポスカードの基本情報

まずはエポスカードの基本情報を見ていきましょう。

エポスカード エポスカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
ポイント還元率 標準:0.50%

条件:0.62%

ポイント有効期限 2年間
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:

 

エポスカードは丸井グループの子会社が発行しているクレジットカードです。丸井グループの中には皆さんが良く知る、おいおい・・・ではなくOIOIも含まれています。

このようにエポスカードは小売業者で発行している、いわゆる流通系クレジットカードなのでカード審査が比較的ゆるいんです。

というのも流通系カードは基本的にクレジットカードから多くの人を取り込んで、自社の店の客を増やす商法なのでカード審査がゆるくなっています。

では審査が緩い理由がわかったところで、具体的なカード情報を見ていきましょう。

エポスカードは年会費が無料

エポスカードの年会費は無料で、持っているだけではお金がかかることは一切ありません。ですから今までカードを使ったことがない人や収入がない無職の人でも負担がなく持つことが出来るクレジットカードなんです。

また年会費だけでなく、ETCカードの発行も無料で出来ます。ETCがあれば高速道路のゲートで渋滞に巻き込まれることなくスイスイ進むことが出来るので、よく車で長距離移動をする人はETCを無料発行できるエポスカードがおすすめです。

国際ブランドがVISAのみ

エポスカードで選べる国際ブランドはVISAのみとなっています。国際ブランドはお店でカード利用が出来るかどうかの基準になるのでカード選びの際にとても重要になるんです。

その点エポスカードの国際ブランドはVISAだけで悩むことなく、世界1位のシェア数を持つVISAなので「このカード使えないよ。」とお店に断られる心配はありませんよ。

ポイントが貯まりやすい

クレジットカードの醍醐味と言ったらやはりポイントを貯めることですよね。それでエポスカードはどのくらいポイントが貯まりやすいのかというと、エポスカード支払いで200円で1ポイント貰うことが出来ます。

これだけだとあまりポイントが貯まりやすいとは言えないのですが、エポスカードの強みは特典で貰えるポイントの多さなんです。

特にエポスカードはカラオケ利用に強いというメリットがあり、シダックスのカラオケを利用するとなんと貰えるポイントが5倍になります。

しかも料金割引特典もたくさんあり、「シダックス」、「ビッグエコー」でルーム料金が30%オフになったり、居酒屋「魚民」や「目利きの銀二」で料金が割引になったりするんです。

このように様々なところでポイントや特典が貰えるのがエポスカードの魅力になります。

エポスカードは無職の人でも作れるのか

ではカード情報がわかったところで、本題に入りましょう。

エポスカードは無職の人でもカード審査に通る可能性あり

ずばりエポスカードは無職の人でも作ることが出来ます。

「え?なんで?」というあなたにその理由をお答えすると、確かに無職の人だと支払い能力がないので普通ならカード審査に通らないのですが、エポスカードは本人の代わりに親などの収入を支払い見込みとして考慮してくれるんです。

実際ネットでカード審査をすると本人年収0の場合は配偶者年収や世帯年収の項目があり、その額によっては本人が無職でも審査に通る仕組みになっています。

週1でもパート・アルバイトをすれば審査に通りやすくなる

無職でもエポスカードの審査に通ることが判明しましたが、もちろん誰でも審査に通るわけではありません。

そのため少しでも審査に通りやすくするコツを伝授しましょう。

それは働くことです。「いや、矛盾してるじゃん!」というツッコミを食らいそうですが何もフルで働けと言っているわけではありません。

パートやアルバイトで週1のシフトでも、収入があるのとないのとでは違います。いくら親の収入から支払いを見込むといっても、本人にこの先一生収入の見込みが見られないのと、今現在少しでも収入があるのとでは信頼に大きな差が出るんです。

携帯料金滞納があると審査に通らない

無職の人に限らず、エポスカード審査に落ちる可能性がある思わぬ要因があります。それは携帯料金の滞納記録です。

携帯料金滞納はれっきとした借金なので、カード会社からすれば滞納記録はかなりあなたの信用を落とす原因になります。

こうならないためにも携帯料金は毎月必ず期限内に支払うようにしましょう。またもし滞納記録がある場合は、その記録が消えるまで2年かかります。

ですからエポスカードを作るのは最低でも2年後をめどにした方が無難です。

エポスカードのキャッシング機能は無職でも使える?

無職の人や専業主婦の人など、本人に収入がない人はクレジットカードのキャッシング利用が難しい場合があります。

ではエポスカードではどうなのか見ていきましょう。

無職の人はエポスカードのキャッシング利用は困難

やはりエポスカードであっても、無職でのキャッシング利用は難しいです。そもそも無職の人がエポスカード審査をする際にキャッシング利用額を10万円(利用最低限額)で設定して申請すると、審査落ちする可能性がグっと上がってしまいます。

キャッシング利用というのは通常のカード利用よりも金利がかかる分、利用する際は厳しい目で見られるんです。

もしお金を引き出すだけ引き出して、踏み倒されでもしたらカード会社からしたら大損なので当然ですね。

ですから無職の人はまずキャッシング利用は諦めたほうがいいでしょう。

クレヒスを作れれば後からキャッシング利用が可能になる場合も

キャッシング利用額というのは、カード申込の段階で決まってしまうものでなく、後からでも増額申請出来ます。

このとき無職の人でも、エポスカードでキャッシュ利用の支払いが見込めるだけのいいクレヒスが作れていればキャッシング利用額増額(0円から最低10万円に)の可能性はあるんです。

つまりカード会社からしたら結局あなたの現在の職はあくまで信用情報の一つに過ぎず、きちんと支払いをしてくれる信用ある人間と認められればキャッシング利用も可能になります。

無職だからと諦めずに、信用を築くことを心がけましょう。

まとめ

エポスカードは無職の人でも作ることが出来るクレジットカードだとわかりました。しかしあくまで可能性があるというだけで、収入が安定してある人に比べるとカード審査は難しいものになるでしょう。

そこで少しでも審査を通りやすくする工夫が必要なのです。それは週1でもアルバイトをしたり、携帯料金延滞記録を作らなかったり、キャッシング額を0にしたりと様々あります。

こうした工夫でエポスカードを手に入れられたら、後はどんどんお得にカードを利用しながら信用情報も築き上げていきましょう。